ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オーガニック、有機野菜、無農薬野菜。その違いを説明できる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

美容や健康の意識が高い昨今、スーパーの店頭には「有機野菜コーナー」があったり、オーガニック野菜のみの宅配もありますね。ではこの有機野菜・オーガニック野菜・無農薬野菜の違いって何なのでしょうか? わかりやすくまとめてみました。

有機とオーガニックは同じだった!

有機野菜もオーガニック野菜も実は同じです。3年以上化学肥料を使わず有機肥料を使い、無農薬の土壌で栽培した野菜のことを定義しています。有機肥料とは、作物の残りや草、動物の堆肥、水産物の資材など、天然のものを発酵させて作った肥料のこと。これを土に混ぜることで栄養のある豊かな土壌になり、美味しい野菜が採れるのです。昔は全て有機肥料で行われていた農業ですが、美味しい野菜にはどうしても虫がついてしまいます。虫食いがある野菜は売れ残ってしまうため、農薬を散布して虫がつかないようにしたり、虫や病気に強い化学合成肥料を使うことで、虫食いや病気のないきれいな野菜を効率よく作ることが良いとされてきました。

なぜ有機野菜を選ぶ人が増えたの?

きれいな野菜しか手に取らない顧客が増える一方で、化学肥料を長年使うことで土や野菜に有益になる善玉菌などが死滅し土が痩せて(栄養がなくなって)しまう懸念が出てきました。また、農薬散布によるアレルギーの心配や健康被害も叫ばれるようになったのです。日本では健康に害を及ばすような濃度の農薬は使われていませんが、そのまま食べることも多い野菜や果物は安心して食べたいという意識が高まり、有機肥料を使った栽培や無農薬栽培が見直されるようになりました。化学肥料や農薬による土壌や大気の汚染から守る環境保全の意味合いもあります。

あいまいな表示を一新

無農薬野菜といっても、収穫した年に農薬を使わなければ無農薬野菜として販売できます。「この野菜は農薬を使用していませんよ」ということで、化学肥料を使っていても、これまでずっと農薬を使ってきた土壌でも、農薬を使用しなくなった時点で無農薬に該当します。有機野菜も平成13年までは有機肥料を使用していれば農薬を使用しても有機栽培として表示が可能でした。これでは表示があいまい過ぎるということで、有機食品には一定の基準が設けられることになりました。これが有機JASマークです。種付け前の3年間(または2年間)化学物質を使わず、農林水産省の監査を受けて認定されたものだけが有機栽培を表示することができます。安心安全の証というわけですね。

いかがでしたか? 有機栽培は美味しい作物ができるかわりに、生産者はたくさんの時間と手間をかけなくてはなりません。少々お値段が高くても感謝していただきたいですね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP