体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

天月-あまつき-、メジャー2ndアルバムの詳細をLINE LIVEとニコ生で一部公開

天月-あまつき-、メジャー2ndアルバムの詳細をLINE LIVEとニコ生で一部公開

天月-あまつき-のメジャーセカンドアルバム情報が、LINE LIVE及びニコニコ生放送で一部公開された。

「重大発表」予定とのことで、放送前からファンが大きくざわついていた中、天月-あまつき-のLINE LIVEがスタート。ぞくぞく更新されていくコメント欄に、「重大発表」を期待と不安で固唾をのむファンの様子が感じられる。

しかし、LINE LIVEが始まった途端、天月-あまつき-とすでに一緒にゲストのはしやんと、少年Tこと佐香智久がリラックスした様子で登場。プライベートでも大の仲良しである3人の雑談のような雰囲気で始まった。「今日、ぼく台本も何ももらってないんですよー。」と焦る天月-あまつき-に、完全にゲストではなくMC立ち位置のはしやんはいたずらっぽい笑みを浮かべて、「今日はただでは告知させません!様々なゲームをクリアして初めて言えます。6番勝負です!」と高らかに宣言。佐香も「勝負事、ぼく、負けないんですよねー」と思案顔。「勝てなければ告知なしです!ガチです!」と非情に通告するはしやん。天月-あまつき-の意思をよそに、「黒ひげ危機一髪」が始まった。

「2本刺しちゃおっかな~♪」と佐香が両手にナイフを持って、黒ひげの収まる樽に刺すと、2本目で見事黒ひげが飛び出し、天月-あまつき-を秒殺。このままでは何も告知できないと危機感を感じた天月-あまつき-は、佐香からの「カメラに向かって『よろしくにゃん』」という過酷なお題をなんとか乗り越え、2回戦では見事天月-あまつき-が勝利。天月-あまつき-を姿は見えないものの多くのファンが見守る中、最も重要な最初の告知である、メジャーセカンドアルバムのリリースを告げた。

天月-あまつき-はやっと自らの口から最初の発表を伝えることができ、ファンの皆と共有できる時が来たことに喜びと安堵の表情を見せた。はしやんが「高速道路みたいだ」というほど祝福のコメントがすさまじい速さで流れていく。喜びムードをじっくり味わうことなく、主にアルバムの中身について触れていくための佐香智久とのゲーム対決が続く。

その後のトランプの数字当てで天月-あまつき-が無事に勝利したものの、けん玉対決ではまたも佐香が勝利。再びさわやかな笑顔で佐香が天月-あまつき-に「よろしくにゃん」を要求。すこし吹っ切れた天月-あまつき-渾身の「よろしくにゃん」でさらなる告知の許可を得、ボーカリストは肺活量が大事、ということで、風船を割るまで息を吹き込む対決がスタート。水泳経験のある佐香がこちらも圧勝。次は「振り向きざまに壁ドン風に『告知させろよ』と言う」を要求。照れまくる天月-あまつき-をはしやんと佐香が急かし、なんとか克服。さらに告知のチャンスを得て、ジェンガ対決へ。ここではライブ告知のチャンスがかかっていたが、佐香の強さのもとにひれ伏す天月-あまつき-。今度は両手にジェンガブロックを握りしめて「ジェンジェンガジェンジェンガジェーン」とノリノリで叫ぶ要求に全力で答えて、無事告知できることに。最後は今回のLINE LIVEに頑張って取り組んだということで、MCはしやんから最後は勝負なしで告知の許可をもらえることとなった。

一連の佐香智久との勝負の中、純粋には1勝5敗の成績だったが、多くの無茶ぶりを乗り越え、天月-あまつき-はアルバムについて、少しのネタバレを交えつつ語っていった。

アルバムタイトルは『箱庭ドラマチック』。天月-あまつき-自身が持つファンタジックさがタイトルからも漂っている。

今回のアルバムについての初の大事な発表となるLINE LIVEに、ゲストとして登場した「少年T」ことシンガー・ソングライター佐香智久とラッパーのはしやんの存在は重要な意味を持っていた。人に元気を与える溌剌とした歌声の持ち主である佐香智久は、自身の歌う『ポケットモンスターXY&Z』のオープニングテーマソング「ゲッタバンバン」のソングライティングにとどまらず、同作品のキャラソンプロジェクト総合プロデューサーとしても手腕を発揮している。はしやんは抜群のライムセンスを持つラッパーでソロだけでなく天月-あまつき-とのユニットmelostの活動も知られ、天月-あまつき-のメジャーデビューアルバム「Hello, World!」では初回限定盤封入の絵本のコンセプト及び天月-あまつき-による朗読のシナリオライターと、近年ではライトノベル「ハロー・デッドライン」の著者としても名高い。そんな二人が天月-あまつき-のLINE LIVEに加わると途端に全員が少年のようにはしゃぎ合い、親友同士ならではのワチャワチャ感に包まれるが、佐香智久・はしやん共に、天月-あまつき-の今作「箱庭ドラマチック」に深く関わっている。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。