ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SFの世界が現実に!?浮遊する乗り物「ArcaBoard」が販売開始!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“地面を浮遊しながら進むホバーボード”。SF作品などで見たことがあるかもしれない。それがついに、現実の世界のものになりつつあるようだ。

昨年遅くに開発が報じられた「ArcaBoard」というホバーボードで、4月14日にモナコで開催された“Top Marques”というイベントでお披露目された。

・36の高出力電気ダクテッドファンが推進力を生み出す

ボードには36の高出力電気ダクテッドファンが搭載されていて、これにより1913ニュートンの推進力を生み出す。

ボードの上には110キログラムの人物が乗ることも可能で、ユーザーは立ち乗り状態で乗る。

・最大高度50cm、水平移動の最高速度は時速20km

飛行性能は、最大高度50センチメートル、水平移動の最高速度は時速20キロメートルを誇る。ただし今のところ、およそ6分間、約2キロメートルほどの連続飛行が限界だという。

別売りの「ArcaDock」(予価約48万円)という専用のバッテリーアクセサリーを使えば、35分という早さでフルチャージ状態になる。普通にスマートフォンを充電するより早いくらいのスピードだ。

ボードには“安定ユニット”が内蔵されているので、飛行中の安定性を保ち、安全な飛行ができるようになっている。

また、手元のスマートフォンからコントロールすることも可能になる見込み。

とはいえ、自身の身体を上手に使い、ボードを操作する感覚をぜひ味わってみたいところだ。

・オーダー受付中!

親会社の“ARCA Space Corporation”によると、中国、フランス、イスラエル、ルーマニア、アメリカには、5月中に出荷が開始される予定。

価格は当初の予定価格19900ドル(約212万円)より少し抑えられた14900ドル(約158万円)となる。

ARCA Space

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP