体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GW!お金使わず楽しめる「噂の不思議なオブジェ巡り」10選!

先日、新宿駅で『ジュレピュレ MYSTERY TOUCH』というイベントが開催されました。そこで、話題になったのが“巨大ジュレピュレ”というピュレグミの断面をかたどった巨大なオブジェです。その妙な形から、ネット上では「完全にアウト」「ピュアさが試されている」などの声が挙がりました。

出典:ピュレグミ公式ツイッターアカウント(@kanro_pure)

あなたの街にもある変なオブジェ

あなたの街にもありませんか?「これ、どういう意味が込められているんだ?」と不思議がらずにはいられないオブジェ。公園や街の景観を作っている人は、「きっと街の人が楽しんでくれるだろう」と計算してそれらを置いているはずです。……きっと、そうに違いありません。

 

ただ、常人にはちょっと理解に苦しむオブジェが街には溢れています。

お金をあまり使いたくないけど、GWを楽しみたい人!街や公園にある変なオブジェ巡りをしてみませんか?ツイッターで見つけた不思議なオブジェを、画像とともに紹介していきます。

アンテナみたいな何か?東京都台東区隅田公園

東京都台東区隅田公園にある奇妙なオブジェ。鍋底?のような部分に穴があいており、そこから顔をのぞかせると…昆虫や小動物の視点でスカイツリーが見えるらしいです。

 

本日の一枚:隅田川公園にあるもの pic.twitter.com/fE3urH0fjy— エビ (@ebi_j9) 2015年9月16日

 

このオブジェは、環境アート『グリーンプラネット』。GTS観光アート作品といい、藝大と台東区と墨田区がコラボレーションして造られた作品です。スカイツリーや浅草を、アートと一緒に様々なカタチで観て体験できる“GTS観光アートライン”というエリアがあり人気だそうです。

台東区HP

http://www.city.taito.lg.jp/index/bunka_kanko/torikumi/renkeijigyo/gtsart.html

手押し車?いや…これは?東京都隅田川付近

なぜここに、手押し車のオブジェがあるのか疑問ですが……何も知らずに横を通れば二度見まちがいなし。

 

スカイツリー近くで見つけた立ちバックか手押し車のオブジェ。 pic.twitter.com/D0ZaDWJTFu— 村上くん (@T__170) 2015年12月27日

 

実はこれ、『GTS Bench ササエル』という名前のオブジェでベンチだそうです。先ほどの『グリーンプラネット』と同じく、GTS(藝大×台東×墨田)の作品なんです。オブジェの“腰”の部分に坐って前を見上げると…そこにはスカイツリーが!

謎のオブジェ天国立川 東京都立川市 ファーレ立川付近

東京都立川市は、魅力あふれるまちづくりの一環として“街全体が美術館”構想の具現化に取組んでいます。街のいたる所に不思議なオブジェがたくさんあるんです!

 

立川謎オブジェ大杉問題 pic.twitter.com/q9e017iAW7— およよ (@oyofinity) 2016年4月19日

 

何度も言うけど立川駅のオブジェ面白すぎじゃね pic.twitter.com/PLg9MZEozL— 風間ナイト (@MidxxxKnight) 2015年10月27日

 

全部で36カ国・92人の作者による109の作品が設置されているそうです!(2016年5月現在)市のボランティアの皆さんによるツアーガイドもあるそうですよ。

 

立川市HP

http://www.city.tachikawa.lg.jp/chiikibunka/kanko/bunka/bunka/art/sakuhin.html

謎のカッパ巨大像 埼玉県さいたま市別所沼公園

埼玉県さいたま市、別所沼公園のメキシコ広場にあるのが、謎のカッパのようなオブジェ。古代アステカの神“ケッツアルコアトル”だそうですが…。

 

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。