ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】オリバー・ストーン監督の映画『Snowden(原題)』の初トレーラー公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「彼らは俺を追ってくるだろうが、もはや君たち全員も追われる身だ」。
オリバー・ストーン監督の映画『Snowden(原題)』のトレーラーの中で、ジョセフ・ゴードン=レヴィット演じるエドワード・スノーデンが語る。

4月27日(現地時間)、オープン・ロード・フィルムズが公開したトレーラーは、ゴードン=レヴィットが演じるNSA(米国家安全保障局)の内部告発者の姿を初披露した。

スノーデンは、「巨大なインターネットからテロリストをあぶり出す任務」のためにNSAによって雇われ、携帯通話を監視する政府の機密プログラムの存在を知る。彼は政府の極秘文書と情報をメディアへ漏えいし、2013年、米国司法省から2件のスパイ法違反容疑で起訴された。彼のパスポートは米国務省から無効にされ、2014年、ロシアによって一時的な亡命が認められた。

2016年9月16日に米劇場公開予定だが、当初2015年12月25日の予定が2016年5月13日に変更され、さらに変更となった経緯がある。

『Snowden(原題)』は、スノーデンの恋人役にシェイリーン・ウッドリー、ジャーナリストのグレン・グリーンウォルド役にザカリー・クイント、ニコラス・ケイジ、メリッサ・レオ、トム・ウィルキンソン、スコット・イーストウッド、ティモシー・オリファント、リス・エヴァンス、ジョエリー・リチャードソンらが出演する。

ストーンが同作の監督を務め、キーラン・フィッツジェラルと共に脚本も手掛けた。脚本は、ルーク・ハーディングの著作『スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実』とアナトリー・クチェレナの著作『Time of the Octopus(原題)』の2冊の本を基に書かれている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP