ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【連載:男子が胸キュンする言葉たち】~「愛され女子」になれる一言~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

想いを寄せている男性に愛されたい、恋する女性ならば誰しもが思うことです。

たとえ片想い中であっても、自然に可愛さをアピールできれば、意中の彼もアナタに好意を抱くことでしょう。

そこで、「愛され女子」になれるフレーズ『手、大きいよね』を紹介したいと思います。

“あざと可愛い”女性になれる

『手、大きいよね』というフレーズを使えば、男性と自然に触れ合うことができます。

過度なボディタッチは男性から“あざとい”と思われ、距離を置かれる危険があります。

しかし、『手、大きいよね』というフレーズで行うボディタッチは、手の平と手の平を合わせるもの。

控えめなボディタッチなので、彼に“いじらしさ”を感じさせることができ、あからさまなボディタッチよりも可愛いと思わせることができます。

手の平を合わせた時に、再度『手、大きいよね』と無邪気に喜んで見せれば、“あざと可愛さ”も演出できるでしょう。

ひたむきな可愛さは男性に支持され、アナタは「愛され女子」となるのです。

外見と内面を自然に褒めることができる

男性にとって女性に褒められるという行為は心地良いものです。

しかし、あからさまだったり的外れだったりする褒め言葉は、男性に媚びている印象を与えてしまい、逆効果となる危険性があります。

『手、大きいよね』というフレーズは、男性を間接的褒めることができるフレーズです。

直接的な褒め言葉ではありませんが、男性は「手が大きい」=「男らしい」と、言われている様に感じ、優越感にひたります。

男性は自然と“褒められている”と感じるので、媚びた印象を与えることはありません。

『手、大きいよね』というフレーズをふたりの会話の中で自然に言うことができた時、アナタは彼に「愛され女子」として認定されることでしょう。

ボディタッチは必ず男性から

『手、大きいよね』というフレーズは、男性からボディタッチをさせることで効果を発揮します。

女性の方から男性の手に触れてしまうと、『手、大きいよね』という“控えめ”なフレーズと、“積極的”なボディタッチとで違和感が生まれてしまうので注意が必要です。

なので、『手、大きいよね』というフレーズを発した後は彼の行動を待ちましょう。

“無意識”でやったことは記憶に残りませんが、“意識”してやったことはいつまでも記憶に残るもの。

彼が意識してアナタの手に触れた時、アナタとの思い出は彼の記憶にとどまり続けることでしょう。

 

『手、大きいよね』というフレーズを使えば、アナタは「愛され女子」になれます。しかし、必ずひとりの男性だけに使うようにして下さい。“一途さ”が無ければ、「愛され女子」にはなれないのです。

関連記事リンク(外部サイト)

やめて…… 男が行きたくないデートスポット
『チラ見せ』に関する男子からのお願い
「会いたい」は鉄板!? 男が悶絶する女性のフレーズとシチュエーション

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。