ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LG、Snapdragon 430を搭載した「LG-K53X」シリーズを開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LG は、CES 2016 で発表された LG の普及型スマートフォン「K」シリーズの新モデルとして、Snapdragon 430 を搭載した「LG-K53X」を開発している模様です。これは、ベンチマークアプリ GeekBench の公式サイトに登録された「LG-K530」「LG-K535」のエントリーより予想されていることです。どちらも、プロセッサ情報には Snapdragon 430 となる「msm8937」と表示されていました。GeekBench の情報によると、どちらも Android 6.0.1 や 1.4GHz 駆動のオクタコアプロセッサ、約 2GB RAM を搭載しています。Snapdragon 430 はオクタコア CPU や Adreno 505 GPU を搭載するなど、既存の Snapdragon 400 / 410 / 425 と比較して性能面が向上しています。そのため、LG-K53X シリーズは、普及型スマートフォンといっても、従来のエントリーモデルよりもサクサクだと予想されます。Source : GeekBench

■関連記事
国内版BlackBerry Privにおける最新版BlackBerryカメラのシャッター音の鳴動状況
国内で「Moto 360(2nd Gen)」が発売、まずは42mmブラックレザーモデルから
Xperia XのLDAC機能が他のスマートフォンに移植される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP