ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最旬メイクの秘訣がわかる!STUDIO by YSL Beautè

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

4月17日、表参道のBANK GALLERYで行われたイヴ・サンローラン・ボーテのポップアップイベント「STUDIO by YSL Beautè」に、tokilaメンバーと参加してきました!

表参道のキャットストリートに突如現れた、YSLブラックのクールな空間。1~5フロアまである会場は、1フロアずつ体験できる内容が異なり、ベストセラーを誇る人気リップ・ルージュ ヴォリュプテ シャインを含む製品を自由にタッチアップできたり、プロのメイクアップアーティストによるメイクサービスが終日開催されていました。

さて、私たちの今回のお目当てはMAKE UP SHOW!YSL Beautè メイクアップ アーティストの徳澤由希さんが、”YSL WOMANメイク”を叶えるのTIPSを、デモンストレーションを交えつつたっぷり紹介してくれるとのこと。全国のYSLファンのために、このMAKE UP SHOWを再現レポートします!

YSL Beautè メイクアップ アーティスト 徳澤由希さん

オールブラックトーンのファッションにまとめ髪というクールなスタイルで登場した徳澤さん。ラグジュアリーな印象に加えてロックな辛口テイストも感じさせる、正にYSL WOMANです。

徳澤さん曰く、「今のYSL WOMANに大切なのは“発光フォギー肌”。ベースメイクは最も重要で、”肌さえよければいい!”と言えてしまうほどです。ツヤやかな肌があればそれだけで、思わず二度見される魅力的な女性になれます。
さて、この発光フォギー肌ですが、時間をかけてつくりこめば綺麗になるのは当たり前。今回は、簡単なのに綺麗になれるTIPSを紹介します」とのこと。
徳澤さんが登場した瞬間、私はご自身の言葉を裏付けるようなツヤ肌に目がいきました。やはり女性にとって、肌は命といえますね。

いよいよデモンストレーションのスタート!

発光フォギー肌をつくる最初のステップで使うのは、ジェル状乳液のトップ シークレット モイスチャーエクラ。
「メイクの上からも使えるトップ シークレット モイスチャーエクラ。お化粧直しとして使うポイントは、顔全体に塗布するのではなく、ツヤを出したいところにだけ塗るという点。顔のパーツの中でも、最もツヤ感を演出しやすいのは頬なので、頬に塗るといいです。」と話しながら、素早く肌に馴染ませていく徳澤さん。なるほど!

その後、クッションファンデーションのアンクル ド ポー ルクッションを肌に”タップ”。
これも顔全体にのせるのではなく、タップしながら全体の仕上がりを調整するのがポイント。

このタップというテクニック、百聞は一見に如かずで、動画を見ればそれがどんなものかわかるはず。

最初に肌全体にトントントン!と軽くのせる→次に、カバーしたいところだけさらに重ねる、という手順です。重ねてもマットにならず、素肌のツヤを残せるのはアンクル ド ポー ルクッションならでは!

目周りにはラディアント タッチを使います。

「目元のクマや口角のくすみなど、気になる部分にこれを塗るだけでパっと明るくなります。こうやって、目の下や口元など、ヨレやすいところにのせても問題ありません。これもラディアント タッチだからできることですね」(徳澤さん)。
ラディアント タッチは、1992年の発売から、今もなお世界で10秒に1本のハイペースで売れ続けているそう!(※YSL調べ)リキッドファンデーションと美容液を混ぜたようなテクスチャーとペンタイプのパッケージで、化粧直し用のアイテムとしても高く支持を集めています。ハイライトやコンシーラーとして、ラインが自由自在に描けます。

YSL WOMANに仕上がる秘密のTIPSとは?


「フレグランスがその人を色づけ、第三者への印象も操ります。新作のブラック OP ニュイブランシェ(オーデパルファム)は、ルミナスコーヒーフローラルの香り。コーヒー愛好者には、「毎日飲まずにいられない!」と中毒のようになってしまう人もいますが、こちらも一度使うと、これがなくてはダメになると言わしめる香り。ぜひ試してみて下さい」。自分が離れられなくなる香りは、周りも自然に虜にする魅惑の香り。今の自分にマンネリを感じていたら手に取りたい、大人な女性の香りです。

これで、YSL WOMANメイクの完成!今っぽい発光フォギー肌は内側から光るようなツヤなので、やりすぎ感がありません。なんとも美しい!

こんな素敵なMAKE UP SHOWを見たら、自分もYSL WOMANになりたくなりますよね。今回は特別に、tokilaメンバーの齊藤一美さんがYSL WOMANメイクを体験しました!

こちらがbeforeの自分メイク。これがどのように変化するのか、ドキドキ!

まずはMAKE UP SHOW同様、発光フォギー肌からつくっていきます。肌を整えたら、その日のアイシャドウや服装から似合うリップをおすすめしてもらい、フィニッシュ!

こちらがafterメイクです。
beforeの自分メイクでは、目尻の跳ねたアイライン、キャットラインなどが目立ち、ややギャルっぽい印象も残りましたが、このafterのYSL WOMANメイクでは、よりナチュラルに、でも子供っぽく見えないツヤ肌になりました。beforeの華やかな印象も残しつつ、グン!と”イイ女感”がグレードアップした印象です。

齊藤さん、最後にこんな素敵な笑顔も。

今回のYSLのイベントで、流行の”発光フォギー肌”をより身近で感じることができました。肌が変わると、心まで生まれ変わるような気になるほど、、肌は女性にとって最重要部分。私も最新YSLアイテムを使って、自分に自信をつけたいと思います。

問い合わせ/イヴ・サンローラン・ボーテ 03-6911-8563
www.yslb.jp

関連記事リンク(外部サイト)

ゲラン 人気のフェイスパウダー メテオリットから夏限定カラー登場
ギノーの最新痩身メニュー、”テクニスパ アドバンス”を体験
ラッシュスパの新メニュー”ザ プラネット”は施術3h超の超大作
お風呂◆ラベンダーの芳香に全身浸る!ロクシタンのフォーミングバス
ストール、マフラー、スカーフ・・・巻き物の基本知識を総ざらい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
tokilaの記事一覧をみる ▶
tokila

記者:

20~30代向けの美容情報サイト、tokila(トキラ)。 現場取材と実践をモットーとして美容の最前線をお届けします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。