ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

正しい言葉遣い 「3つの言葉」を正しく使うところから始めよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「心の中で思っていても、相手に自分の気持ちは伝わりません。自分の心を言葉にのせて伝える。その方法のひとつが“言葉遣い”です」と話すのは、伝統ある礼法を伝える小笠原流礼法宗家の小笠原敬承斎さん。言葉遣いというと、正しい敬語を身につけることと考えがちだが、大切なのは使い方だという。

「どの言葉が今の状況に合っているか、相手が欲しているか、まず考えることが大切です。正しい言葉遣いを学んだからといって、お友達と話している時に、全て敬語で話しては、慇懃無礼にあたり、冷たい印象を与えることもあるでしょう。今の状況にどの言葉が適しているかを考えて、持っている言葉の引き出しからさっと出す。そのためにも、正しい言葉遣いを多く身につけておくべきなのです」(小笠原さん、以下「」内同)

 しかし、話し言葉に慣れてしまい、正しい言葉遣いで話すことが難しい人も多いはず。

「まずは3か月、意識的に使ってください。いきなり10~20個以上の言葉遣いを正すのは大変ですので、日常生活でよく使われる、【1】はい(返事をする時)、【2】おそれいります(相手を気遣う時)、【3】左様でございます(同意をする時)、この3つから始めてみてはいかがでしょう」

 初めは慣れなくても、3か月繰り返し使うと、自然と身につくと小笠原さんは背中を押す。自宅の壁などに正しい言葉遣いを記したメモを貼っておき、電話の時に気をつけるのもおすすめだ。手紙などの文字にすると、より記憶されやすくなるという。

 最近は言葉の短縮化が進んでいると小笠原さんは警鐘をならす。

「日本人は直接的な表現をあえてしないことで、相手の気持ちを察して理解する文化を受け継いできました。そのため、言葉が短くなると自分の心を充分にのせられず、事務的で冷たく伝わる可能性もあります」

 言葉というのは、時代によって移ろいやすいもの。だからこそ、正しい言葉遣いを“基本の柱”として知っておいたほうがいいのだ。

 最近は、親と子、教師と生徒の関係性が友達感覚になり、日々の中で敬語を耳にする機会も減ってきている。だからこそ正しい言葉遣いを身につけておきたい。まずは、間違った言葉遣いについて、改めて意識してみよう。

※女性セブン2016年5月12・19日号

【関連記事】
正しい言葉遣い 「なるほどです」ではなく「左様でございます」
『正しい日本語の使い方』著者 過去の失敗日本語を述懐する
“統一球最大の被害者”巨人・小笠原 限界説を払拭できるか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP