ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビッグベンの鐘がしばらく聞けなくなる!? 今年でしばらく見納め

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビッグベンの鐘がしばらく聞けなくなる!? 今年でしばらく見納め

イギリス・ロンドンの象徴的存在として人気を博している「ビッグベン」。この英国会議事堂の大時計の鐘が、来年から改修作業に入るためしばらく止められることになりました。

 

当時、世界最大を誇った時計

1859年に設置されたビッグベン。

第二次世界大戦中、国会議事堂は破壊されたにもかかわらず、時計台は壊れずに鐘を鳴らし続けたそうです。 現在も15分ごとに鐘が鳴り、約8km先まで聞こえるのだとか。

 

時計が故障する恐れも

2015年には1時間に6秒のずれが生じるなど、老朽化が進んでいました。150年以上時を刻み続けている時計は「早急に対策を講じないと時計が故障する恐れがある」として、今回の改修に至ったそうです。

改修作業は来年初めに始まり、3年間にわたって行われる予定。作業期間中は時計塔は足場で覆われますが、4面中1面は常に見られるようにするといいます。

 

しばらくあの鐘を聞けないかも!?

改修工事が始まると、あの美しい全体像を見ることも、あの鐘を聞くこともしばらくできないかもしれません。

ロンドンに行こうか迷っていた方は、今のうちに旅行の準備を!

関連記事リンク(外部サイト)

世界一周経験者も大絶賛の「ハワイ」の専門店が新宿にOPEN!
こんな空港あり!?意外と知らなかった「世界一の空港」6選
絵本の世界?美しい光景が広がるヨーロッパの街並み8選
鉄鋼の町からアートの街へ!現代建築の宝庫ビルバオの驚愕建築・アート10選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。