ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外旅行で「リュック」を選ぶ6つの理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外旅行のバック選びのポイントは丈夫さ、安全性、軽さ、そして機動性。海外旅行に行くとなると、スーツケースや近場ならキャリーバックを選択するという人がほとんどで、バックパックを選択する日本人は少ないです。

バックパックは背中に背負うため、多少多めの荷物でもあまり負担に感じず、両手が空きます。

したがって、自由度が高く、あちこち動き回る、移動の多い旅には最適です。今回はリュックの利点を挙げてみましょう。

*編集部追記
2015年6月1日に公開された記事に、追記しました。

 

1.「両手が空いて、疲れにくい」

photo by outdoorfashion.ldblog.jp

バックパックを背中に背負って担ぐため、多少多めの荷物でも、あまり負担を感じないです。両手が空いているので自由度が高く、あちらこちらと移動の多い旅ではおすすめです。

 

2.「登山用、旅行用のバックパックは使い勝手がよい」

Photo by fortherock

登山用、旅行用バックパックは非常に丈夫にできており、耐久性に優れています。

登山用ザックは雨具や着替え、水や食料など様々なものが入っていて、それを背負って長時間歩くため、重さを想定して作ってあります。

スーツケースより多くの優位性があります。

 

3.「疲れにくい」

photo by takasaki-shiroyama.cocolog-nifty.com

バックパックは人間の体の構造に合うように作ってあり、疲れないような工夫が随所に施してあります。
ウエストベルトはがっしりと安定感があり、重い荷物でもブレをなくして、肩にかかる負担を分散させる役目があります。

 

背負い易くするために、バックパックの背中側が背中の形に合うように湾曲している。

人によって体の形が違うので、新しく購入する場合はお店で実際に背負ってみて、違和感のないしっくりするバックパックを選びましょう。

 

4.「バックパックはポケットが多い」

photo by slgckgc

バックパックはポケットが多いので、ペットボトル、ガイドブック、ゴミ袋、タオル、地図、おやつ、カメラ、ちょっとしたジャケットなどの小物類の収納に便利です。非常に取り出しやすい機能となっています。

 

5.「スーツケースより選択肢が豊富」

Photo by Joe Ross

最近のバックパックは、機能性はもちろんですが、ファッション性にも優れたものがたくさんあります。上の写真は女性仕様のバックパックです。スッキリと見た目にもよく、大きさも色々あります。

バックレングスは小さめで、ウエストベルトは女性の骨盤に合った形状で、ショルダーハーネスが胸部分に当たらないような工夫されています。

 

一般的には、デザイン・色・大きさ・材質など非常に豊富な品揃えとなっていますから、お店の人に聞きながら、自分の体に合った・好きなデザイン・機能のものを選びましょう。

そして、靴と同じで実際に背負ってみてしっくりいくものを買いましょう。

 

おすすめのメーカーは、ノースフェイス、カリマー、オスプレー、コールマン、ミレー、モンベルなどです。

 

6.「機内の持ち込みが可能です」

 photo by Lee Cannon

バックパックは重量、サイズによって機内に持ち込むことができます。預け入れなしで、スムースに出国できます。機内持ち込みなので、荷物の紛失などのリスクがありません。

但し、機内には持ち込み制限があります。サイズや重量でそれをオーバーすると追加料金が取られ、預け入れしなくてはなりません。

 

もちろん機内持ち込み禁止品目は入れないようにしましょう。例えばカミソリの刃などの危険物やシャンプーなどの液体物をバックパックの中に入れてはダメです。

荷物を軽くするための、賢い荷物作りの観点から軽量化に努める荷物のまとめ方も学習しておきましょう。

 

逆にデメリットは?

「刃物などで簡単に開けられてしまう」

もちろんリュックにもデメリットはあります。後ろに背負ってしまうと、簡単に開けられてしまったり、ナイフで切られて中身を取られていたなんてことも…。

「雨で濡れてしまう」

雨除けのカバーはありますが、カバーを付けてしまうと荷物を取り出すときに、いちいちカバーを外すのが面倒になってしまいがちです。

少しくらいの雨だから平気かなと思ってカバーを付けなかったら、中身が濡れていたなんてことも。

「下にある物が取り出しにくい」

リュックの一番下の荷物が取りたい!と思ったらまず、上の荷物を出してからでないと荷物が取り出せないのが、少し不便です。

カメラや水などの小まめに取り出したい物は、外側の小さなポケットに入れておくようにしましょう。

「中身がつぶされてしまう心配がある」

リュックの中にうっかりお土産のお菓子を入れていて、飛行機に乗る際にそのまま荷物を預けて、受け取ったときには、お菓子がボロボロだった。なんてことはありませんか?

スーツケースに比べて外からの衝撃に弱いので、パッキングには注意が必要です。

リュックの選び方

photo by DenaliNPS

それでは、具体的にどのくらいの大きさのリュックを持って行けば良いのでしょうか?

1週間~2週間:20~29L(5~7㎏)
1ヶ月~3ヶ月:30L~39L(6~19㎏)
3ヶ月~半年:40L~49L(7~13㎏)
1年以上:50L~59L(15~18㎏)
1年半以上:60L~69L(20~24㎏)

旅行に出かける時期が冬だとしたら夏よりも荷物が増えるので、あくまで参考にしてくださいね。また、男性は15㎏、女性は12~13㎏が背負って歩ける限界の重さと言われています。

リュック選びのポイント

たくさんある種類の中から、どのリュックを選べば良いのか迷ってしまいますよね?そんなときは下記のポイントに従って選んでみて下さいね。

1.背中の通気性が良い

旅行中はリュックを背負いながら移動する時間が長くなりますよね?なので、背中の通気性が良くないと蒸れてしまい、特に夏場は大変です。背中の部分がメッシュ素材になっているものがオススメです。

2.ポケットの数が多い

ポケットの数が多いと、細かい物をすぐに取り出すことが出きるので便利です。

3.腰ベルトがついている

腰ベルトがついていると、肩にかかる負担が減るので疲れにくくなります。

4.ファスナーに鍵がかけられる

背負っているので、ファスナーを開けられてスリ被害にあう人々がたくさんいます。なので、ファスナーに南京錠などの鍵がかかる物がオススメです。

 

まとめ

いかがでしたか?逆にスーツケースを持って海外へ行く場合はバスでの移動が多く、添乗員や現地係員が荷物の管理をしてくれるツアーなど、空港やホテル間の移動しかない場合にオススメです。

使う用途によって旅の持ち物を使い分けていけたら良いですね!

関連記事リンク(外部サイト)

【女性必見】これなら大丈夫!女性におすすめのバックパック3選
思い出を素敵に!上手に自撮りができる5つのコツ
最小限の荷物にする、旅行先の服装の選び方
海外旅行にオススメの軽くて頑丈なスーツケース10選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP