ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レイチェル・チャン 、海釣りリベンジ果たすも…

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE日曜朝9時からの番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「THERMOS SMILE LABO」。5月1日のオンエアでは、レイチェル・チャンが東京湾で釣りに挑戦した模様をお届けしました。

実は昨年の放送で、東京湾で何時間も釣りをしたのに、1匹も釣れずに終わってしまったことがありました。今回はそのリベンジ。場所は昨年と同じく「本牧海釣り施設」。昨年に引き続き、釣りアイドルにして日本を代表する女性アングラー(釣りガール)で“みっちぃ”こと石崎理絵さんにお手伝いをお願いしました。みっちぃさんは過去に33キロのマグロを釣ったことがあります!

前回は7時30分からのスタートでしたが、今回の開始時刻は朝6時。それでも大勢の方で賑わっています。「特にこの本牧海釣り施設はアクセスも良いので、家族連れに人気です」(みっちぃさん)とのこと。昨年、全く釣れなかったことを心配して、海釣り施設の方が手作りの指南書まで用意してくれました。表紙にはレイチャル・チャンの顔写真が載っていて「何か、釣らないと」と書かれてあったそうです。まわりからのプレッシャーを感じつつ、今回はなんとしてでも釣らないといけません。

「昨年同様、まずはサビキ釣りからスタート。コマセ(餌を蒔いて魚を寄せる方法)なので、初めは魚が寄ってきていない状態です。アタリがないのは気にしないでください。まずは餌を蒔いて、ここに餌があることをアピールすることから」(みっちぃさん)

アドバイスを受けていると隣から「釣れた!!」との声が。この日、釣りは初めてだという9歳の男の子がカタクチイワシを釣り、先を越されてしまいました。レイチェルが男の子に「難しかった?」と聞くと「難しくはなかった」とアッサリ答えてしまい、強風で苦戦気味のレイチェルは焦ります。

「今年も何も釣れませんでした」ということでは話にならないということで、恥じらいを捨てて9歳の男の子にアドバイスを求めることに。すると「イワシは海の深いところではなく、浅いところにいる」とのこと。アドバイスに従ってみると…かかっていたのはカタクチイワシ2匹。「やりましたー!」と大興奮のレイチェル。スタートから2時間半で、無事、昨年のリベンジを達成しました。

「『かかってる、かかってる』と思っている時のワクワク感が最高ですね!」(レイチェル)

大盛り上がりのレイチェルですが、その直後に番組スタッフが巨大イカを釣り上げて、その様子を見ていた人たちは大盛り上がり! 「あれ? 私のリベンジ達成のムードはどこにいっちゃったの…?」(レイチェル)。リベンジ達成の盛り上がりは、海にリリースされてしまったようです。

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP