ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

くすみを根本的に見直したい!美肌を取り戻す方法を徹底解説。【糖化型編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫


活性酸素でお馴染みの「酸化」という言葉をお聞きになったことがあると思います。しかし「糖化」をご存じですか?「糖化」によるお肌のくすみとは一体どんなものでしょうか。お肌の中で起こっているかもしれない、注意すべき現象を見ていきましょう。

糖化ってそもそも何?

まずは聞き慣れない「糖化」について見ていきましょう。私たちの身体を作る土台になっているのが「タンパク質」ですが、そのタンパク質と糖が結びつくことを「糖化」と表現しています。

糖化したタンパク質は、AGEs(最終糖化生成物)といって、茶色っぽい色のためお肌がくすんでしまったり黄色ぽっく見えてしまうことがあります。

血糖値が高いことでAGEsを増やし、糖化を促進させてしまいます。穀物やイモ類、甘いものを過度に食べることが原因のひとつです。また、「早食い」は満腹中枢がうまく機能せずに、一気に血糖値を上げることにもなりかねないので注意が必要です。

「抗糖化」のケアを取り入れてみよう

抗酸化ならぬ「抗糖化」ですが、一体どのように糖化を防いで行ったら良いのでしょうか?上記で挙げたように、過度に甘いものを食べることを避け、なるべくご飯はゆっくり食べることが理想です。

いつもより少し時間に余裕を持って行動するなど、日頃の生活にゆとりを意識するだけで変わってくると思います。ドリンクに抗糖化作用のあるものを取り入れてみても◎。カモミールティーやどくだみ茶が血糖値を急増させるのを抑制してくれる働きがあります。


身体に糖は必要なものですが、必要以上に蓄積されて分解が追いつかなければ糖化の原因になってしまいます。運動は糖の消費を助けてくれるので、通勤を一駅分だけ徒歩にチェンジするなど、自分ができる範囲内から少しずつ始めてみてはいかがでしょうか?

次回は・・・

これから紫外線が増える時期に突入します。次回は、そんな紫外線とメラニンの関係を交えてご紹介したいと思います!

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

老廃物を溜め込まない!リンパの流れをスムーズにする食生活
こんなときはどのアロマ?目的から探すアロマオイル【効能別アロマ一覧】
疲れの原因を断捨離!「老け」につながる疲労を溜めこまない方法
太りにくい身体に!ジャイロキネシス流☆ファッションポイント~服装の工夫編~
毎食のダイエット茶はNG!?栄養素の吸収を高めて代謝を良くする方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP