ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小田和正の全国ツアーがいよいよスタート!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

小田和正の全国ツアー『明治安田生命Presents 「KAZUMASA ODA TOUR2016 君住む街へ」』が4月30日(土)の静岡エコパアリーナにて初日を迎えた。

5月2日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:4月18日~4月24日)で初登場1位にランクインしたベストアルバム『あの日 あの時』をかかえての今回のツアーは、同作収録楽曲の中から披露。まさにベストオブベストな選曲のライブとなった。

※今回のアルバム1位獲得を「68歳7ヵ月」で達成した小田は、矢沢永吉(66)の同・達成年齢「63歳8ヵ月」

(2013年5月27日付で歴代1位だった小田の「63歳7ヵ月」を更新して記録)を上回り、「アルバム首位獲得最年長アーティスト」歴代1位の座に返り咲いた(※同・歴代3位は浜田省吾の62歳5ヵ月))

ライブは、8,000人の大歓声の中スタート。新曲「wonderful life」(SUBARU ブランドCM タイアップソング)で会場は総立ちに。「みなさんのおかげで最年長1位という評価を頂きました。ありがたく、その評価を受けさせて頂ければと思います。今日はその中からズラっとオフコースの曲もやっていきたいと思います。」と宣言通り、「さよなら」「愛を止めないで」そして約34年ぶりの演奏となった「心はなれて」などを披露。他にも「キラキラ」「たしかなこと」、会場と大合唱となった「今日も どこかで」、新曲「風は止んだ」(映画『64-ロクヨン-前編/後編』の主題歌)他、ツアータイトルにもなっている「君住む街へ」などトータル29曲の約3時間に及ぶツアー初日は大盛況で幕を閉じた。

全国ツアー『明治安田生命Presents 「KAZUMASA ODA TOUR2016 君住む街へ」』は、10月30日の沖縄・宜野湾海浜公園屋外劇場公演まで、半年にわたって24ヶ所48公演で約34万人の動員を予定している。

photo by 菊地英二

全国ツアー『明治安田生命Presents 「KAZUMASA ODA TOUR2016 君住む街へ」』
4月30日(土) 静岡エコパアリーナ

5月01日(日) 静岡エコパアリーナ

5月07日(土) 四日市ドーム

5月08日(日) 四日市ドーム

5月14日(土) 別府ビーコンプラザ

5月15日(日) 別府ビーコンプラザ

5月21日(土) 函館アリーナ

5月22日(日) 函館アリーナ

5月28日(土) 富山市総合体育館 第一アリーナ

5月29日(日) 富山市総合体育館 第一アリーナ

6月07日(火) 神戸・ワールド記念ホール

6月08日(水) 神戸・ワールド記念ホール

6月14日(火) さいたまスーパーアリーナ

6月15日(水) さいたまスーパーアリーナ

6月21日(火) 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター

6月22日(水) 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター

6月30日(木) 東京体育館

7月01日(金) 東京体育館

7月06日(水) 盛岡市アイスアリーナ

7月07日(木) 盛岡市アイスアリーナ

7月13日(水) 北海道立総合体育センター 北海きたえーる

7月14日(木) 北海道立総合体育センター 北海きたえーる

7月23日(土) さぬき市野外音楽広場テアトロン

7月24日(日) さぬき市野外音楽広場テアトロン

7月30日(土) 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

7月31日(日) 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

8月05日(金) ビックパレットふくしま

8月06日(土) ビックパレットふくしま

8月11日(木・祝) 出雲ドーム

8月12日(金) 出雲ドーム

8月17日(水) マリンメッセ福岡

8月18日(木) マリンメッセ福岡

8月24日(水) 大阪市中央体育館

8月25日(木) 大阪市中央体育館

8月30日(火) 名古屋・日本ガイシホール

8月31日(水) 名古屋・日本ガイシホール

9月06日(火) 大阪城ホール

9月07日(水) 大阪城ホール

9月17日(土) 広島グリーンアリーナ

9月18日(日) 広島グリーンアリーナ

9月27日(火) 国立代々木競技場第一体育館

9月28日(水) 国立代々木競技場第一体育館

10月09日(日) 高知県立県民体育館

10月10日(月・祝) 高知県立県民体育館

10月18日(火) 横浜アリーナ

10月19日(水) 横浜アリーナ

10月29日(土) 宜野湾海浜公園屋外劇場

10月30日(日) 宜野湾海浜公園屋外劇場

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP