ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

勉強に悩んでいる高校生に、人生の先輩からのメッセージ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

思春期まっただ中の高校生。悩み事も多くなる時期ですよね。その中でも特に大きな悩み事といえば、やはり勉強についてではないでしょうか。今回は勉強の悩みに関して、どう立ち向かうかのヒントを紹介します。勉強に関して悩みを持っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【その1】受験勉強が辛い・勉強を頑張る意味がわからない

この悩み、非常によく分ります。確かに、大人になってから学校で勉強した内容がそのまま役立つことはあまりありません。そんな勉強を、辛い思いまでしてする必要があるのかと思ってしまいますよね。しかし、社会人になってからも仕事を覚えたり、たくさんの勉強をしたりしなければなりません。その高校生の時期は、そのトレーニングだと思ってください。きっと、今の時期を頑張ることが出来たら、社会人になってからも必ず活躍できますよ。

【その2】苦手教科が克服できない

人間、得意不得意がありますよね。私も高校生の頃は英語が苦手で、毎回赤点を取っていて悩んでいました。そんな時に、外国の方と接する機会があり、自分の下手な英語でも意味が通じて自信がつきました。その経験がきっかけとなり外国の文化に興味を持ち、英語が得意科目になりました。やはり、物事を得意にするためには興味を持つことが一番の近道です。例えば歴史が苦手なら博物館に行ってみるとか、国語が苦手なら小説を読んでみるとか、無理やり勉強するのではなく、まずは興味が持てそうなきっかけを作ってみてはどうでしょうか。

【まとめ】悩みを克服すれば大きな財産になる

高校生にとって勉強の悩みは尽きません。しかし、悩みを克服した経験は大人になってから役に立ちます。出来なかった事が出来るようになることで、自信に満ちた人生を送ることができるようになります。今回の記事は一例でしたが、自分なりの克服方法を探してみてくださいね!

関連記事リンク(外部サイト)

子どもっぽい部屋からさようなら~部屋も高校生にしよう!
高校の文化祭で大人気!3つの出し物
教えて!高校生活で頑張ったことを聞かれた時のアピール方法

スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP