ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

不思議な行動でこの世界を生き抜く 『RPG系女子』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

誰もが一度は挑戦したことがあるであろうロールプレイングゲーム、略してRPG。

この世の中には恋愛をRPGの登場人物のように攻略していく女性、いわゆる『RPG系女子』が存在していることを皆さんはご存知だろうか?

彼氏の家の引き出しを勝手にあさる

ファンタジーの世界を舞台に繰り広げられるRPG。そこでは現代社会の一般常識が通用しない。

町や村の民家にはノックもせずに入り放題で入られたほうも文句を言ってこない。

そして、そこで展開されるRPGの定番的な行動がタンスや壷の中を調べてアイテムを探すというもの。どこからどう見ても泥棒なのだがRPGではそれが許されている。

RPGのような行動をとる『RPG系女子』も彼氏の家に合い鍵で勝手にあがり、引き出しやクローゼットをがさがさ漁る

そして着なくなった服などを見つけると、ネットオークションに出品。RPGでアイテムを道具屋に売ってお金にするのに似た行動をとるのだ。

転職しがち

RPGのキャラクターにはそれぞれ戦士や魔法使いなどの職業が割り振られている。そして、ゲーム内での転職も可能。

これと同様に、『RPG系女子』も転職に積極的であり、ころころと仕事を変えることが多い。

そして、転職をするとその職業に合わせたファッションをしたり、アイテムを持つようになるところもRPGと似ている。

お金がたまったらすぐに高い服を買い、その場で着替える

RPGを攻略する上で武器や防具といった装備のグレードアップが重要になってくる。

モンスターを倒してお金を稼ぎ、溜まったお金でワンランク上の装備を買うことがRPGのセオリー。

そして、『RPG系女子』の働くモチベーションも「今よりワンランク上の服を買う」。そのためにコツコツ溜めて、買うときはドカンと一括でお買い上げ。

試着室で装備… ではなく着替え、そのまま店を出るところもRPGさながらの行動といえる。

目標を達成するまで故郷や実家に帰らない

RPGの定番のストーリーを超ざっくりで説明すると「故郷を後にした主人公が魔王を倒す」だろう。

ゲームを攻略する上で次の国、次の世界とどんどん進んでいかねばならず、主人公がお盆や正月に帰省するエピソードなど無い。

『RPG系女子』も夢を描いて上京し、目標を達成するまで実家には帰らないという人が多い。

しかし、それだけの決意がありながら転職しがちなので、故郷に錦を飾る瞬間がなかなか訪れない。

関連記事リンク(外部サイト)

女性の方が男性の2倍「社内恋愛」をする
ハマり過ぎに注意!? 『ソリティア系男子』
男性より女性の方が2倍「モテ期」を体験している

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP