ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自分で選べて作れる!「レゴ義肢」に子供たちの目もキラキラ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


コロンビアのデザイナーによって新たに開発されたこの義肢。なんと、レゴのようにカスタマイズできちゃうのだとか。

生まれつき肢体が不自由だったり、怪我で手足を失ってしまった子供たちに、自分の持っている可能性について考えてほしい。そんな願いから生まれたのが、この「IKO クリエイティブ義肢システム」です。

筋電位センサーとモーターで
自由自在

レゴの協力のもと進められた開発。腕に一番近い上腕部分には、バッテリーと筋電位センサーが内蔵されています。

さらにその先の前腕部分には、モーターを搭載。先端にレゴを繋げば、自由自在に思った通りに動かせる仕組みです。

義肢が楽しい
おもちゃになっちゃう!

自分の腕となるのは、いつも遊んでいるレゴと同じ。これなら抵抗もなく簡単に遊びながら組み立てられます。

物を掴む実用的なアームはもちろん…

ブルドーザーだって、この通り!何より子供たちが楽しそうですね。

自分の義肢を
自分で決める

当然ではありますが、これまでは子供が自分自身で義肢を組み立てることは困難でした。でもこの「レゴ」なら、必要なものを自分の手で作ることができます。

役に立つアームも、楽しいおもちゃも、子供が自分で本当に望むものを手に入れることができるのです。

このレゴ義肢は今はまだ試作品段階とのこと。早く製品化され、たくさんの子供たちの元に届いてほしいですね。

Licensed material used with permission by Carlos Arturo Torres Tovar,(twitter)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP