体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おとなの一人旅。究極の遊びは 「一人、シルクスクリーンプリント・スタジオ」だ!

おとなの一人旅。究極の遊びは 「一人、シルクスクリーンプリント・スタジオ」だ!
gowanus-16_0329_01

HEAPS_LOGO_2014_-01BoldHEAPS
ニューヨーク拠点のデジタルマガジン。ニューヨークをはじめ、各都市の個人やコミュニティのユニークな取り組みやカウンターカルチャーシーンをいち早く配信中。現地ならではのコアなネタを厳選し、独自のライフスタイルを切り開くための“きっかけ”となるストーリーを届けることをミッションとしています。www.heapsmag.com

ブルックリンのゴワナス地区にある「Gowanus Printing Lab」。ここは、“素人さんも歓迎”のシルクスクリーンプリント・スタジオだ。

アンディ・ウォーホルの代名詞
「シルクスクリーン技法」

160329_heaps_silk_screen_studio01.jpgPhoto by Kuo-Heng Huang

キャンベル・スープやマリリン・モンローのポートレイトなどを手掛けた、アンディ・ウォーホルの代名詞として知られる「シルクスクリーン技法」。Tシャツ制作から商業ポスター制作まで、アメリカでは日常的に活用されている。特殊な機材を必要とするのだが、ここでは個人で気軽に楽しめるのだ。

小さなドアから2階に上がると、インクの香りに包まれた巨大なスタジオがお目見え。ゴワナス地区を見渡すことができるこの共有スペースは、コミュニティの集いの場でもあり、たくさんのアート作品と大きなソファーが置かれている。

スタジオでは、それぞれのアーティストがTシャツを制作したり、メッシュフレームを洗浄したり、黙々と自身のプロジェクトを進めていたりと、過ごし方は多様。

160329_heaps_silk_screen_studio02.jpgPhoto by Kuo-Heng Huang 160329_heaps_silk_screen_studio03.jpgPhoto by Kuo-Heng Huang

「お金を払ってスタジオを使う人もいれば、ギャラリーや企業から雇われて仕事をしている人もいる。素人からアーティストまでいろんな人が出入りするから楽しい」との声は多い。

オープンは2010年、当時のオーナーや初期スタッフで「がらくただらけで本当に何もなかった」スペースに壁を造り、大規模なコマーシャルプリント装置やコンピューター設備を配置。完成まで4ヶ月を要した。

肉体労働者が多い工場地帯の、エネルギッシュな雰囲気がラボのスタイルに合うという。“いわゆるヒップスター”とはちょっと違う、純粋に「ものづくり」が好きな人々が集まるエリアだ。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。