ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

進化するいちご狩り バリアフリーにアミューズメント化も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ゴールデンウィークには遊園地や動物園などのレジャー施設に多くの人が訪れる。近年、そういった施設のひとつに「いちご狩り」が加わっている。屈んだ苦しい座ったまま、味も飽きるという古い記憶で「いちご狩り」を敬遠してきた人に朗報だ。いまのいちご狩りは、らくちん、多種類、アミューズメント施設化しているからだ。

「地面に近いところから採らないとならない場合、車いすやベビーカーだといちご狩りをあきらめていた方もいらしたと思います。いまは高設栽培をする農園さんが増えてきましたので、屈みづらい方でも楽しめます。HP内のアクセスランキングも、ここのところずっと『いちご狩り』のページが1位です。千葉市は都心からのアクセスがよいので、情報を探される方が多いようです。農園は午前中いっぱいで受付が終わってしまうことが多いので、事前に予約や確認されることをおすすめします」(千葉市観光協会担当者)

 高設栽培とは、文字通り高い位置に栽培する方式のこと。いちご農家の高齢化による負担増と廃業を防ぐ目的もあって開発された技術だが、いちご狩り客にとっても朗報となった。段差などをなくしバリアフリー化されたハウスに入ると、1メートルほどの高さにいちごが実っている。車いすに座ったままでも手が届き、立ったりしゃがんだりが苦しい人にとっても、小さな子どもでも無理なくいちごを摘める。

 同じいちごをずっと食べ続けると飽きるのではと心配するかもしれないが、複数の品種を栽培し、食べ比べできるいちご農園も多い。また、練乳やチョコレートなどいちごに加える甘味を複数用意しおかわり自由な施設も。また、アミューズメント施設のようにいちご狩り以外の娯楽を用意しているところも多く、「エーアト・ベーレ」(千葉市緑区)では遊具が設置され、横田ファーム(千葉市緑区)ではいちごの創作料理が味わえる。

 いちごの生産量、生産額、作付面積すべてが全国1位の栃木県の影に隠れて目立たないが、同じ関東のなかで栃木の次にいちごの生産が盛んな茨城県でも、同様にいちご狩りを受け入れる農園が多様化している。生産がさかんなだけあって、いちごの美味しさをより多く引き出してほしいという熱意も高い。

「いちご狩り営業をしている農家さんのハウスも、最近はバリアフリーのところが増えてきました。新しい品種も増えています。それから、食べているうちに酸っぱくならない、美味しいいちごの見つけ方と食べ方があります。最近はテレビ番組などでも紹介されるようになりましたが、まだ知らない人が多いようです。HPに載せているので、知ってもらえるとうれしいです」(茨城県観光協会担当者)

 関東近郊の場合、遅いところでは5月いっぱいまで楽しめる「いちご狩り」。都市部近郊にいちご農園が増えてきたこともあり、誰でも楽しめるような工夫がすすんでいるいま、新レジャーとして目が離せない。

【関連記事】
ソースやドリンクにも! 自家製いちご酢のアレンジレシピ
疲労回復に自家製いちご酢のはちみつ入り牛乳割りミント添え
消臭力CMミゲルくん来日 大好きなドラえもんを笑顔でハグ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP