ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

遊牧民のリアル。16ヶ月の密着が生み出した息を飲む写真(17枚)

DATE:
  • ガジェット通信を≫


フランス人フォトグラファー、Kares Le Royが16ヶ月もの間、中央アジアの遊牧民に密着して撮影した数々の写真。彼はバンに乗り、一緒にロードトリップを続けながら、文字通り「ノマド」な作品づくりを敢行したという。

その息を飲むような美しい情景や建造物、遊牧民たちのリアルな暮らし。古きペルシャの歴史に想いを馳せながら堪能してみてほしい。

大地と生きる民の
リアルを捉えた
写真叙事詩

上の写真は、マイナス25度の中で狩猟をおこなっている風景を写したキルギスでの1枚。翼を広げると、約2mにもなる大きなイーグルとともに。

バクティアリ遊牧民が住む街「サルアグハーセイエド」は、急斜面に家がひしめく独特の景観。ここに道路はなく、移動手段は屋根の上だそう。今では2,000人以上が定住している。

イスファハーンにある「シャー・モスク」の美しい外観。

イランの女性よりも、カラフルな衣装に身を包む遊牧民の女性。

アストラハンの毛皮で作られた、伝統的な帽子をかぶるトルクメンの男性。

一風変わった、ムハンマド・イブン廟の奉納。彼らは布の切れはしで神への祈りや感謝を捧げるとか。

伝統衣装に身を包む、キルギスの女性たち。

結婚式などのお祝いで、楽器を演奏するバクティアリの人々。

ワハーン回廊の村の習わしでは、白い布で覆う女性は既婚。赤は未婚を表している。

暴れないように、レザーカバーで目隠しをされるイーグル。






フォトグラファーのKares Le Royは、これらの作品を写真集にもまとめている。さらなる中央アジアの魅力に迫りたい人は、一度チェックしてみては?

Licensed material used with permission by Kares Le Roy,(Facebook),(Instagram)

関連記事リンク(外部サイト)

「ナショナルジオグラフィック」が選ぶ、衝撃的な7枚の写真
街中での「Kiss」を撮影した、17枚の写真
華やかなバレエの舞台裏(写真28枚)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP