ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デニス・ロッドマン 現NBAに苦言、その理由は…

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜朝6時からの番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)。4月30日のオンエアでは、ハリー杉山が元NBAのスーパースター、デニス・ロッドマン氏のインタビューをしました。

アメリカ時間の今月16日、アメリカのプロバスケットボール・リーグ「NBA」が開幕しました。ロッドマン氏は80年代から90年代にかけてNBAで活躍したディフェンダーで、歴代屈指のリバウンド王としても知られています。独特のルックスやライフスタイルも注目を集めましたが、そんな彼がWOWOWの特別番組出演のために来日してるということで、ハリー杉山が独占インタービューを決行しました。

今回の注目選手については「いつもの悪い奴らが、やっぱりまたスター性を発揮してくれるのでは」と、スパーズのカワイ・レナード選手などを挙げましたが、現在とロッドマン氏が活躍していた90年代のNBAとは大きな違いがあると、ロッドマン氏は話します。

「今と80〜90年代を比べると、簡単に言うと今よりもっと熱かった」
「選手たちもそうだけど、SNSが出たことで、みんな自分がどう映るか気にしすぎだ。要するに肉体と肉体、魂と魂のぶつかり合いじゃなくなってきているんじゃないか」

80〜90年代はオフェンスのぶつかり合いが激しかったそうですが、「アプローチするときに、ぶっ飛ばされるのは普通だった、だけど今は審判もルールもずいぶん優しくなってきたのか、ちょっとだけ触っただけでも、それなりのペナルティを課せられる」(ロッドマン氏)とか。

ハリー杉山は「これら含めて、バスケットボールの熱がどこに向かっているかロッドマンさんは不安に感じているように僕は感じました」と話しました。

ロッドマン氏も注視するNBAはWOWOWで観ることができます。毎週5試合以上という圧倒的なボリュームで生中継。バスケットボール・ファンは要チェック!

【関連サイト】
「POP OF THE WORLD」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP