体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロボットを直感的に操作可能!ハンドジェスチャーで操作できる「Ziro」

Ziroロボットが好き、作るのはもっと好き、という人は要チェックのロボットキットがクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した。

モジュールと操作用グローブ、そしてアプリがセットになった「Ziro」。動物や車など、自由にデザインしたものにモジュールを組み込み、アプリでコマンドを設定すると、グローブをはめた手で自由自在に動かせるようになる。

Ziro2・モーター内蔵で7時間駆動

ロボット作りというとなんだか難しそうに思えるが、Ziroに専門知識は不要。操作もハンドジェスチャーと直感的なので、開発元は「子どもから大人まで楽しめる」とうたう。

モジュールはWi-Fiに接続させて使う。モーターが内蔵され、フル充電で7時間作動する。このモジュールをロボットのベースにする。

・コマンド設定はアプリで

ロボットのデザインを終えたら、次に専用アプリ(iOS、Android)でコマンドの設定をする。握りこぶしを作ったり、手首をねじったりという動作に、走行、回転などのコマンドを持たせる。

Ziro3そしてスマートグローブをモジュールと同期させると、グローブをはめた手でロボットを動かせるようになる。

ジェスチャーとコマンドの設定は、用意されたテンプレートを使ってもいいし、カスタマイズしてもいい。

・売り切れパッケージも

キットには、四駆組み立てパーツやスマホマウントが付いてくるものがあり、組み合わせ次第でいろんなデザインのロボット作りが楽しめそう。

Ziro4Indiegogoでは、モジュール4つにグローブ、四駆組み立てパーツ、スマホマウントがセットになったパッケージが199ドル(約2万2000円)となっている。

他に、スマホマウントが回転するタイプのパッケージや、モジュールが2つのパッケージもある。すでに完売パッケージも出始めているので、興味のある人はお早めに。

Ziro/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy