ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上杉謙信の子孫はJAXAでロケット開発 愛称はTONO

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 視聴率好調のNHK大河ドラマ『真田丸』。三谷幸喜・脚本が描く個性豊かな武将たちのキャラクターが魅力的だ。そこで戦乱の世を生き抜いた彼らの「末裔」を訪ねてみた。

 上杉邦憲氏(73)は、上杉謙信から数えて17代目。『真田丸』では謙信の養子として家督を継いだ上杉景勝(遠藤憲一)が活躍する。

「役者によってイメージが違ってくるし、歴史を知っている者としては違和感を覚えることも少なくない。だから大河ドラマってあんまり観ないんです。それでも、『真田丸』で遠藤憲一さんが演じる景勝は、2009年の『天地人』で北村一輝さんが演じたときに比べて落ち着いた感じで、我々のイメージに近い」

 東京生まれの邦憲氏は東京大学大学院で学んだのち、文部省宇宙科学研究所へ。その後、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の発足に伴い、本部教授としてロケットの開発に従事した。小惑星探査機「はやぶさ」の開発ミッションではプロジェクトマネージャーとして全体を指揮した。

「JAXAでの研究開発は、私が上杉家の何代目かなんてことは一切関係のない世界。ですが、仲間たちはみんな私の出自を知っているので、冗談半分で“殿”と呼んでいました。アメリカにいたころは現地のエンジニアが『UESUGI』をうまく発音できないので、勝手にニックネームを『TONO』にされていました。メールアドレスも『TONO』で始まるものを与えられたし、胸につける名札も『TONO』でした(笑い)」

 謙信の末裔であるがゆえに、子供のころはつらい思いもしたという。

「私は東京生まれで、戦時中は米沢に疎開していました。米沢は江戸時代からの上杉家の地元で、小学校の先生も謙信公を尊敬している。おかげで何かあるたびに“謙信公の子孫なのに”と叱られました。当時は、先祖は関係ないだろって思っていましたよ(笑い)」

※週刊ポスト2016年5月6・13日号

【関連記事】
上杉謙信の兜 戦場で動きやすいよう風で折れた形のものも
信玄(甲斐)と謙信(越後)の2人の銅像が建つのは何県か?
遠藤憲一 若い子との恋愛「おれなら止めるね」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。