ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キモかわいい⁉︎AI搭載アリ型ロボット「Antbo」は迷路も突破できる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ペットロボットと呼んでいいか非常に迷うところだが、昆虫のアリを模したロボット「Antbo」が登場した。

ユーザーの声やスマホでコントロール可能で、しかもAI(人工知能)を搭載しているので、自分で学習しながら周辺を徘徊したり、迷路を探索したりすることもできるという賢いアリだ。

・加速度計やセンサーを内蔵

本物のアリと同じく、Antboは6本足で歩く。ややガタガタと身体を動かして進む様子は、昔ながらのゼンマイ仕掛けのおもちゃを彷彿とさせる。

と言ってもAntboの中身はゼンマイのおもちゃよりもずっとスマート。加速度計やタッチセンサー、距離センサー、ステレオサウンドセンサーなどを内蔵し、スマホとはBluetoothで連携する。

・周辺環境を学習

実際に動かすには、スマホをコントローラーとして使ったり、音声で操作したりする。あらかじめ、アプリで経路を設定しておいてそれ通りに自分で動いてもらう、といったこともできる。

「探検モード」にすると、各種センサーを活用して物にぶつからないようにしながらあちこち徘徊。迷路では、行き止まりを学習しながらゴールを目指す。

・プログラミングも自由自在

加えて、このAntboはWhendoやScratch、Arduino IDEで動きをプログラミングでき、“自分だけのアリ”にすることも。気温センサーなど別途用意されたセンサーモジュールを使ってアップグレードすることも可能で、ロボティクス好きにはたまらないだろう。

開発を手がけた中国・上海のスタートアップは商品化を目指し、現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達中。69ドル(約7700円)の出資で入手できる。

出資はあと1カ月ほど受け付けるようだ。あなたも、家でアリ飼ってみる?

Antbo/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP