体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『私のとっておきを撮る「日光」日帰り撮影ツアー』を独占取材しニコンD5を貸し出される!

01DSC_1080_R

株式会社ニコンイメージングジャパンが主催した、「第4回ニッコールレンズフォトツアー ご招待キャンペーン」における10のフォトツアーのうち1つを同行取材した。

02DSC_0585_R

記者が同行取材をしたのは、私のとっておきを撮る「日光」日帰り撮影ツアーという女性限定のもので、朝早くから東京をバスで出発し日光の様々な撮影ポイントを巡る旅だった。

03DSC_0592_R

まず最初に訪れたのは西洋料理 明治の館。
昼食を兼ねての撮影会だ。昼食もそこそこに、どうやって撮影しようかと参加者はそれぞれの考えを巡らせる。

04DSC_0599_R

講師は大阪芸術大学写真学科教授で1981年ミス・ユニバース日本代表の織作峰子さん。

実は、このツアーを取材したのは記者一人だったので独占取材となるが、主催者からぜひこれで取材撮影をしてくださいと貸し出されたのが、ニコンの最高峰一眼レフカメラであるD5だった。
こんな高級機種は使ったことがないし、使い方もわからないので基本的にプログラムオートで撮影した。完全カメラ任せの撮影で、本稿の写真はD5そのものを撮影したもの以外はすべて、D5での撮影だ。
記者も参加者と一緒に撮影したので、作例としても紹介する。
なお、記者はプロカメラマンではないのであくまでも「素人がカメラ任せで使ったらこうなる」という視点でご覧いただきたい。

05DSC_0603_R

食事をとりながら談笑しているが、何を撮ろうかとカメラをいじりながら考えている参加者も。

06DSC_0655_R

さっそく撮影開始。
それぞれのカメラで思い思いの作品を仕上げていく。
最後には自信の2点を提出して織作先生に評価してもらうので真剣だ。

07DSC_0672_R

レンズは主催者から貸し出しもあったので、普段は使用できない高級レンズも限りはあるものの使い放題とあって、広角で寄ったり望遠で抜いたりと、作品の出来が楽しみだ。

08DSC_0588_R

明治の館での記者が撮影した作例。

09DSC_0609_R

記者は取材者なので、公式に先生に評価をしてもらうわけではないが、明治の館で撮影したものを空き時間にこっそりと見てもらった。
織作先生が「これいいんじゃない?」と評価してくれた作品がこの写真だ。明治の館なので「給仕員」とでも呼んだ方がいいのだろうか。ウェイトレスさんに窓から見える好きな景色を見てくださいと言って撮影したものだ。

10DSC_0659_R

これは物撮り用の料理を低いアングルから押さえたもの。

11DSC_0677_R

切り花があったので、コーヒーではなく冷たい水を置いて撮影。

12DSC_0732_R

さて、場所を移動して日光東照宮へ。

13DSC_0743_R

三つ葉葵(あおい)も誇らしく、歴史を感じさせる厳かな場所だ。
日本人に限らず、外国人の観光客も多くいろんな人が撮影に興じていた。

14DSC_0813_R

二荒山神社へ続く参道で、こけむす小さな森を撮影したもの。

15DSC_0822_R

同神社では桜がいい具合に見ごろだった。

16DSC_0828_R

桜を撮影するのは意外と難しい。

17DSC_0864_R

次に向かったのは田母沢御用邸。
ここは建物は言うに及ばず、庭園も美しいので参加者は先生にいろいろ聞きながら撮影をしていた。

18DSC_0933_R

参加者の機材を見ていると、中には「カメラ女子」と呼ぶには失礼なほど充実した機材をそろえていたり、初心者ながら写真撮影の常道と自分の感性とを確認しながら四苦八苦している様子が見て取れたりと、それぞれが充実した時間を過ごしていたようだ。

19DSC_0879_R

御用邸での記者の作例をいくつか紹介する。

20DSC_0885_R
1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。