体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

うまくやる人ほど使っている「口癖」10選

うまくやる人ほど使っている「口癖」10選
smart-10-words16426-11

コートニー・シーターは、ソーシャルメディア上の共有を快適にするツール「Buffer」のコンテンツ制作に携わっています。彼女が書いたのは、言葉選びの重要性といくつかの実例でした。

たった一人の人物が発した一言が、場の空気を変えるーー。そんな経験ありませんか?言葉には想像以上の力があります。自分の立場を有利にも不利にもするでしょう。人生が変わってしまう可能性だって考えられます。それだけ影響力があるのです。

だからこそ、その言葉の裏にある科学や心理効果を心得ておくことが大切です。ここで紹介するのは、もっとクリエイティブになるために、相手と協力しあうために、周囲と良い関係を育むための言葉。あわせて、逆効果になり得るパターンも7つ紹介します。

まずは良い例から。

01.
「〜したい!」

shutterstock_313949582 copy

これこそ「ノー」を「イエス」に変えられる言葉でしょう。社会的交流が専門のエリザベス・ストコー教授は、仲裁を目的とした電話相談サービスに携わる中で、オペレーターと相談者のやりとりを分析しました。

助けを求める人々には共通点がありました。「どうせ本気で仲裁してくれないだろう」と考え、オペレーターを拒む傾向があったそうです。が、「ぜひ仲裁を手伝わせて欲しい」という意志を伝えると、素直にサービスを引き受けてくれるように。

「あなたは仲介サービスに興味をお持ちですか?」と聞くよりも圧倒的に効果的だったようです。

02.
「一緒に」

この言葉ひとつで、チームの生産性は最大48%も向上します。居場所を本能的に探している人間にだからこそ効果があり、そこに属している実感や協調性を強く感じさせられます。

スタンフォード大学の研究で、参加者に難易度の高いパズル問題が出題されました。あるグループは個別で問題解決に取り組み、もうひとつのグループはそれぞれが問題を解いた後、他のチームメートと共同で作業する時間が設けられました。

すると、誰かと一緒に問題を解くと聞かされていた参加者にこんな変化が。

・問題解決に取り組む時間が48%延長。
・より正確に解を見出した。
・記憶力が向上。
・疲れを感じずらくなった。
・パズルを面白いと感じていた。

03.
“名前”を呼ぶ

544a2763ecacdea4ba20ad1d4adb311fec4cf8bb copy

ほかの人の名前と自分の名前を聞いたときでは、脳波の変化が異なるとも。ロングタイムセラーの『How to Win Friends and Influence People(人を勝ち取り、影響を与える方法)』で、デール・カーネギーはこうコメントしています。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。