ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クールすぎるスピーカー「BeoPlay A6」は、使い勝手も抜群だった・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫


空間の邪魔をするどころか、むしろ存在するだけでオシャレに見える。そんなクールすぎる「BeoPlay A6」は、立てて使っても壁に掛けてもOKのスピーカー。あなたの部屋を静かに、しかし力強く引き締めます。

スピーカーに見えないほど
部屋に溶け込むデザイン

このように、完全にインテリアの一部として部屋に馴染みます。あなたの部屋がワンランク上の空間へ。

実は、スピーカーを覆う
「生地」にこだわりが

この生地は、デンマークの世界的テキスタイルメーカー「Kvadrat(クヴァドラ)社」とのコラボレーションによって作られたもの。

さらに…

見た目だけでなく、使い勝手もバツグン。以下のような直感的な操作が可能です!

【音量調節】

左から右にスワイプすれば、音量が上がります。反対に右から左は音量ダウン。

【ミュート】

ホールドすればミュート。

【曲の変更】

軽くタッチすれば、再生する曲がチェンジ。



標準仕様のライトグレーのほか、オプションとしてダークグレー、ダークローズ、ダスティーブルーの計4色を展開。

このスピーカーは、Bang&Olufsenのカジュアルブランドとして2012年に誕生したB&O PLAYのもの。価格は999ユーロ(約125,800円)です。購入はこちらから。

Licensed material used with permission by B&O PLAY

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP