ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

英語で「鳥居」は?外国人を神社仏閣に案内するときに使える英単語5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

英語ネイティブの観光客をおもてなしする時、「むむ、この単語は英語でどういうんだっけ?」と悩んでしまうことはありませんか。特に神社仏閣を案内する時に使える英単語を5つピックアップしました。

三門:triple gates

禅寺に見られる巨大な門を「三門」と呼びます。悟りに至る3つの境地「空・無相・無作」を門にたとえており、「3つあるから三門」という訳ではありません。

英語ではtriple gatesと表現するとよいでしょう。tripleには「3つ組の」という意味があるからです。これをthree gatesとすると文字通り「3つの門」という意味になり、事実と食い違ってしまいます。

例文
A few steps further east lie the triple gates of Nanzen-ji Temple.
「東へちょっと行くと南禅寺の三門がある」

鳥居:tori-i gate

伏見稲荷神社のおびただしい数の鳥居、明治神宮の慎ましくも荘厳な鳥居――外国人観光客にも大人気の鳥居は、英語でもtri-iと表現します。

ただ、tri-iだけでは何のことやらわかりません。神社への入口、つまりは神域への入口であることを示すために、gateをつけてtori-i gateとしましょう。

例文
Fushimi Inari Shrine’s tunnels are comprised of over a thousand vividly scarlet tori-i gates.
「伏見稲荷神社の参道は、千本以上の真っ赤な鳥居から成る」

苔むした:moss-covered

情緒あふれる苔むした石垣、庭、木々などはmoss-covered 〇〇と表現しましょう。「〇〇が苔に覆われている」という場合は〇〇 is(are) covered by moss.となります。

苔以外にも、ivy-covered「蔦に覆われた」、water-covered「水に浸かった」、snow-covered「雪まみれの」などと応用することができます。

例文
A rustic temple with moss-covered roof
「苔むした屋根の、ひなびた寺」

建立する:establish

「東大寺を建てたのは誰だ?」「聖武天皇でしょ」「ブー、正解は大工さん!」という引っかけクイズがありますが、英語でもbuild「建てる」という単語を使うと混乱の元。「建立する」と厳密にいうならestablishを使いましょう。

「(寺院仏閣を)建てる」の他にも、「(幕府を)開く」、「(制度を)制定する」、「(権威を)確立する」といった意味があり、歴史を語る上でとても使える英単語です。

例文
At the foot of Daimonji Mountain stands Ginkaku-ji Temple, established by Ashikaga Yoshimasa.
「大文字山のふもとに建つのは、足利義正が建立した銀閣寺」

五穀豊穣:bountiful harvest

農作物の豊作を祈る文化は西洋にもあり(アメリカとカナダで行われるサンクス・ギビングなど)、bountiful harvest、もしくはabundant harvestrich harvestと表現されます。それが日本語の五穀豊穣にぴたりと重なるため、five grains~と直訳する必要はありません。

その他のご利益として、「家内安全」はsafety of the(my) family、「無病息災」はgood healthなどと表せます。

例文
The shrine’s annual festival is a ceremony of praying for a bountiful harvest.
「その神社の式年祭は、五穀豊穣を祈る儀式だ」
日本独特の文化を説明する時には、どうしてもsanmonやgokoku-hojoなどとローマ字で言い表したくなってしまうもの。それを受け取り手に通じやすい言葉に変換すれば、意味がきちんと伝わります。

[All photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP