ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

教えて!高校生活で頑張ったことを聞かれた時のアピール方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

受験やバイト面接の時、もう少し先の就職活動のときにもよく聞かれる質問の1つに、「高校生活で頑張ったこと」があります。人それぞれ頑張った内容は違いますが、答える内容のパターンが他の人と似ていることもあるでしょう。そこで今回は好印象を残す高校生活で頑張ったことのアピール方法を紹介します。

部活を頑張ったことのアピールをする方法

部活を頑張っていた人は、高校生活の大部分を占めているといっても過言ではないでしょう。体育会系の部活の場合は、出番があるメンバーも、ないメンバーも、高校生活の多くの時間を練習に割いていますよね。部活の主将かエースだと、練習を頑張ったのは当たり前のことで、アピールしやすいです。しかし、出番のない人かマネージャーでも、チームワークに貢献しているので、ちゃんとアピールできるポイントがあります。他のメンバーをサポートしている面や、自分の温厚篤実の一面をアピールすると意外と好印象を残すことができますよ。

バイトを頑張ったことのアピールをする方法

バイトを頑張った高校生の多くが経験しているのは、飲食店やコンビニなどの店員のバイトなのではないでしょうか。バイトで得られた知識も大切ですが、そこで得られたコミュニケーション能力はどこにいっても通用するので、面接ではそこをアピールすると良いですね。勉強と部活で忙しい高校生活に、バイトも頑張った人は努力家です。それに、接客業で身につけたコミュニケーションスキルは円滑な人間関係を作るための一端を担います。高いコミュニケーション能力を持った人材を求める企業も多いです。

嘘偽りなく、自分の性格や特徴をアピールしよう

「高校生活で頑張ったこと」を聞く質問の真意は、頑張ったエピソードを通してあなたという人間の性格や特徴を理解するためです。アピールする時はその高校生活で頑張ったことを利用して自分の性格や特徴を強調すると良いでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

高校生活で得たものをアピールしよう!
受験を乗り切るための「お守り」購入のススメ
これを使えば、あなたも完璧!受験グッズで効率アップ!

スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP