ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロッテ・ナバーロ 「弾丸男」がもたらした効果に監督苦笑

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 開幕から1か月。スタートダッシュを決めたチームと下位低迷組の明暗を分けたのは、助っ人外国人選手の出来だった──。

 開幕後は名前すら聞かないのが楽天の体重135キロの巨漢・アマダー(年俸3000万円)。

「キャンプでは、『一番飛んだホームランの飛距離は152メートル』と言っていて、さすがにホラだろうと思っていたら、オープン戦でいきなりホームラン。“これはホンモノかも”と番記者の間で話題になったが、3月初めに左手首を故障して全治8週間。早々に消えました」(担当記者)

 一番とんでもなかったのはロッテのナバーロ(年俸1億4200万円)。オープン戦中の2月にカバンから実弾が見つかり、銃刀法違反で逮捕された。“リアル弾丸男”の出場停止処分は4月23日に解けたが、「代わりに控え落ちしそうな内野陣が奮起して活躍。伊東(勤)監督は“ナバーロ効果だ”と苦笑しています」(球団関係者)という。

※週刊ポスト2016年5月6・13日号

【関連記事】
統一球導入で「“ドームラン”が激減する」と巨人関係者嘆く
阿部慎之助 一塁コンバートでも故障で広岡達朗氏が引退勧告
巨人ファンの間で「オープン戦3位の呪い」ジンクス囁かれ中

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP