ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イメチェンするならヘアカラーが一番?!可愛いヘアの作り方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヘアスタイルはカラーから?!ヘアカラーのオーダーあれこれ♪

ヘアスタイルを楽しむ上で一番大切なメニューは、何だと思いますか??
カット? パーマ? カラー? トリートメント?
もちろん全て大事。
美容師としてその全てに力を入れているので、ひとつに絞れないのが正直なところではあります。
ですが、あえて一つ挙げるとするなら「カラーリング」です!
それはなぜかと言うと…

 

あなたの印象はカラーリングでガラリと変われる!

「女性は色に敏感だから」です。
美容師をしていると、こんなことをよく聞きます。「女性は色、男性は形にシビアだ」と。
それだけ、女性にとって色は重要なファクターと言えるんですね。
カットなら、ばっさり切ればイメージもかなり変わります。
しかし、少しのカットでは変化をつけるのが難しかったり、短いところから長くしたりするのは時間も必要ですよね。
もちろんスタイリングで変化を楽しめますが、どうしても崩れる時は崩れてしまいます。
パーマだって、意外とスタイリングのテクニックが必要だったりするんですよ。
またトリートメントで言うと、自分ではダメージで髪がバシバシになっていると思っていても、他人からは「髪の毛きれいですね」なんて褒められたり…なんてギャップを感じることも。
その点、カラーリングは変えるだけで肌の色や表情が明るく見えたり、印象をガラリと変えられたりするんです。
しかも色が持ちさえすれば、その色はあなたの色になるんです♪
ですが、一番失敗することが少なく染め直しもできるからなのか、新規のゲスト様とお話をしていて一番軽視される傾向にあるように感じます。
ちょっと残念…。

 

新しい髪色に出会えるオーダーのコツ

カラーのオーダーって普段どうやってしていますか?
なんだかんだでいつも通り。明るさと色を決めて終わり。美容師さんにお任せ…
これが悪いわけではありませんが、それだけでは美容師さんにちょっと伝わりきってないかも? どう見られたいか、どんな風に楽しみたいかを伝えてみてください。
可愛く見られたい♪ 大人っぽく♪ 仕事ができるように…何でも構いません。
たとえば「清潔感のある感じがいい」とアッシュ系のカラーでオーダーをしたとします。
僕だったら頭の中で…
「それなら、あまりくすみの出ないブラウンベースで、ツヤを感じるようなアッシュがいいかな?」なんて考えて、「いつもよりくすみを抑えてツヤ感の感じるアッシュにされてみませんか?」というような提案をさせていただきます。
ここでのポイントは“清潔感”ですね。
このイメージを伝えていただくことで、同じアッシュ系でもその方が求めるカラーをご提案できるようになるんです。
ぜひ、担当の美容師さんと相談して、ヘアカラーをもっともっと楽しんでみてください♪
ではでは♪

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP