ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本当にクリエイティブになりたければ、今すぐやめるべき「5つのコト」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


本当にクリエイティブな人たちが、絶対にやっていない行動。そんな興味深い内容を、ライターNicolas Cole氏が「Inc.com」にまとめています。この記事を読む限り、「安心」や「満足」からは決して新しいものは生まれないと言えるかもしれません。

01.
「やり切った」という考え方

「締め切り」は、あるプロジェクトの区切りを意味します。しかし、本当にクリエイティブな人は、プロジェクトがそこで終わるとは考えません。

プロジェクトや作品は、締め切りの延長線上で、常に進行している作業。そう捉えることで、自分の能力を高める機会を確保します。

過去のものを見返せば、すべてのものには「改善の余地」があることに気がつくはず。それこそが、創造性が生まれるキッカケなのです。

02.
自分は「オリジナルな存在」
だと過信すること

クリエイティブであるということは、過去の優れた人たちからアイデアを受け取り、彼らの研究や失敗から学ぶことで、さらにそのアイデアを進化させるということ。しかし、クリエイティブになろうとしている人は、インスピレーションや外からの刺激のない暗い部屋の中で、必死に何かを生み出そうとしていることが多いです。

時にはそれが有効な場合もあるでしょう。が、他人の研究や仕事を利用するほうが、より効果的。おそらく、あなたが生み出そうとしているものは、他の誰かもすでに挑戦しているでしょう。あなたは、他人の優れたアイデアを学ぶことで、時間を削ることができるのです。

このようなことわざがあります。「素晴らしいアーティストはマネをし、偉大なアーティストは盗みます」。

03.
居心地のいい場所に
留まり続けること

クリエイティブであることは、快適ではない空間で多くの時間を費やし、必死に模索した結果。境界を壊し、他人が望んでいないところへ行き、未知なるものを受け入れるのです。

良いアイデアは机の前では浮かびません。それらは、実社会でこそ浮かんでくるものなのです。快適な空間から抜け出しましょう。

04.
周囲からの「やめておけ」
を受け入れること

あなたが自分の居心地の良い場所の外へ出て、未知なるものを受け入れようとする。そんな時、他人は「あなたは間違っている。外には何があるかわからない」などと言うでしょう。

クリエイティブであるためには、他の誰かが行う前に、あなた自身が進んで行わなければなりません。たとえ周りの人が「やめておけ」と言おうと、恐れずに前進しなければならないのです。

05.
自分に妥協すること

この項目が、今まで紹介した中で一番難しいかもしれません。

本当にクリエイティブになりたいならば、名声や金、 エゴなどは気にせず、すべてにおいてリスクを取ります。なぜなら、もっとも重要なものは、「あなたの目標」だから。

完璧に練られた事業計画で「優秀さ」が測れるわけではありませんし、自分の利害に関わる人たちから賞賛されるためにした行動で「創造性」が生まれるわけでもありません。自分でも気づかないうちに幾重にも重なった壁をぶち破ることで、身についているものなのです。

もしあなたが、自分に妥協してしまい、本心に歩み寄らなかった場合、本当の意味でのクリエイティブは生まないでしょう。

Licensed material used with permission by Nicolas Cole

関連記事リンク(外部サイト)

成功に必要な「度胸」をつけるためにするべき11のコト
キング牧師に学ぶ「当たり前に見えて、ものすごく大切な7つのこと」
35歳になって思う。「社会人1年目の自分」に言いたい5つのコト

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP