体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本当にクリエイティブになりたければ、今すぐやめるべき「5つのコト」

本当にクリエイティブになりたければ、今すぐやめるべき「5つのコト」
Modern designer sitting in front of computer and working in office

本当にクリエイティブな人たちが、絶対にやっていない行動。そんな興味深い内容を、ライターNicolas Cole氏が「Inc.com」にまとめています。この記事を読む限り、「安心」や「満足」からは決して新しいものは生まれないと言えるかもしれません。

01.
「やり切った」という考え方

0085594381_Large

「締め切り」は、あるプロジェクトの区切りを意味します。しかし、本当にクリエイティブな人は、プロジェクトがそこで終わるとは考えません。

プロジェクトや作品は、締め切りの延長線上で、常に進行している作業。そう捉えることで、自分の能力を高める機会を確保します。

過去のものを見返せば、すべてのものには「改善の余地」があることに気がつくはず。それこそが、創造性が生まれるキッカケなのです。

02.
自分は「オリジナルな存在」
だと過信すること

クリエイティブであるということは、過去の優れた人たちからアイデアを受け取り、彼らの研究や失敗から学ぶことで、さらにそのアイデアを進化させるということ。しかし、クリエイティブになろうとしている人は、インスピレーションや外からの刺激のない暗い部屋の中で、必死に何かを生み出そうとしていることが多いです。

時にはそれが有効な場合もあるでしょう。が、他人の研究や仕事を利用するほうが、より効果的。おそらく、あなたが生み出そうとしているものは、他の誰かもすでに挑戦しているでしょう。あなたは、他人の優れたアイデアを学ぶことで、時間を削ることができるのです。

このようなことわざがあります。「素晴らしいアーティストはマネをし、偉大なアーティストは盗みます」。

03.
居心地のいい場所に
留まり続けること

クリエイティブであることは、快適ではない空間で多くの時間を費やし、必死に模索した結果。境界を壊し、他人が望んでいないところへ行き、未知なるものを受け入れるのです。

良いアイデアは机の前では浮かびません。それらは、実社会でこそ浮かんでくるものなのです。快適な空間から抜け出しましょう。

04.
周囲からの「やめておけ」
を受け入れること

00079687171_Large

あなたが自分の居心地の良い場所の外へ出て、未知なるものを受け入れようとする。そんな時、他人は「あなたは間違っている。外には何があるかわからない」などと言うでしょう。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。