ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エレベーターで地震 上から脱出の映画シーンはフィクション

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 地震国・日本では常に地震の恐怖と対峙せざるを得ない。さて、エレベーターに乗っている時に大地震に襲われ、閉じ込められてしまったらどうするか。映画ではエレベーターの上から脱出するシーンもよくあるが、あれはあくまでもフィクションだ。

 都市防災に詳しい、まちづくり計画研究所所長の渡辺実氏が話す。

「そもそもエレベーターの脱出口は内側からは絶対に開かないようになっています。また、途中階で止まっている時に、人間の手でドアを開くのは不可能。

 仮に力ずくで開けようとしたら、コンピュータが隙間ができたと判断して、突然ドアを開けてしまう可能性がある。するとドア付近にいる人が落下する危険性があります。できるだけ体力を温存しながら、助けを待つしかない」

 大震災の時には、崩壊した建物に埋まってしまった人の救命活動や、消火活動が優先される。レスキュー隊が助けに来てくれるまでには、ある程度の時間がかかるかもしれないのだ。

※週刊ポスト2016年5月6・13日号

【関連記事】
エレベーターで緊急地震速報 即座に全ての階のボタンを押す
スカイツリーのエレベーター 350mを分速600mで上がる
44才女性 エレベーターで小学生から文句言われあっかんべー

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP