ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仮面高血圧のリスクを見分ける血圧測定の5か条

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本高血圧学会によれば、日本の高血圧者数は推定約4300万人。日本人の3人に1人の計算である。だが、うち約2000万人は「自分が高血圧」と自覚していない仮面高血圧患者の可能性が指摘されている。東京都健康長寿医療センター顧問の桑島巌氏が解説する。

「仮面高血圧はオフィスなどで血圧が上がる『職場高血圧』と、家庭で深夜や早朝に血圧が上昇する『早朝高血圧』の2つに大別されます。危険なのは後者です」

 早朝高血圧はさらに2つのタイプに分かれる。就寝中ずっと血圧の高い状態が続く「夜間持続型」と、寝ている間の血圧は正常だが起床後に急上昇する「早朝上昇型」だ。重病リスクが高いのは夜間持続型だという。

「就寝時間の分だけ高血圧の状態が続く。8時間睡眠だと1日の3分の1にもなるため、寝る時間が長い人ほど血管に与える負担が大きく、血管の詰まりを引き起こしやすくなる」(桑島氏)

 仮面高血圧を発見するためには、毎日、家庭で血圧を測り続けることが重要となる。家庭用血圧計は様々な種類が売られているが、上腕(二の腕)で測るタイプが最も数値が正確に出ると桑島氏は教えてくれた。

 さらに1日に朝と夜の2回、正確を期すためにそれぞれ1測定につき2回は測ることも重要だ。また両腕の血圧には開きがあり、10%以上の差が出ることもあるという。仮面血圧症を指摘された都内に住む高田実氏(65歳・仮名)が言う。

「私は左腕で測ってもらっていて、数値は上が125mmHgでした。ところが、右腕を測ると148mmHgだったことで、仮面高血圧が発覚しました。大動脈から分離した左側の鎖骨下動脈が詰まっていて、左腕の血圧が下がっていたのです」

 また「1週間測ってみて、血圧が上135mmHg、下85mmHgを超えることが2回以上あれば、仮面高血圧が疑われる」(桑島氏)ため、病院で受診することをお勧めするという。病院でリラックスして血圧が下がる人がいる一方で、多くの人は自宅にいる時にリラックスしているため、家庭血圧の方が病院などで測るより低くなる。基準値も低く設定されているので注意が必要である。

 以下の血圧測定「5か条」を参考に、自分の正確な血圧を把握し、リスクを避けてほしい。

【1】測定器は上腕式
【2】朝と夜の2回測定
【3】1測定に2回
【4】右腕と左腕の両方測定
【5】測定は心臓と同じ高さ

※週刊ポスト2016年5月6・13日号

【関連記事】
高血圧の自覚ない「仮面高血圧」は2000万人の可能性
病院で計測すると自宅よりも高めになる血圧 その対処法は?
高血圧数値 米基準に比べて日本は「異常」認定の範囲が広い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP