ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【製作中】ヨーロッパ初!世界に警鐘を鳴らす「海中ミュージアム」がすごい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界でも珍しい「海中ミュージアム」はご存知ですか? 海中ミュージアムとは文字通り“海の中にある博物館”のことで、現在、それを見ることができるのは、メキシコ・カンクンのものが有名です。

そして、その海中ミュージアムを製作した英国の彫刻家ジェイソン・デカイレス・テイラー氏が、今回新たに、ヨーロッパ初の海中ミュージアムの製作を始めました。

ヨーロッパ初の海中ミュージアム「Museo Atlantico」


(C) Jason deCaires Taylor

ヨーロッパ初となる海中ミュージアムの舞台は、スペイン・ランサローテ島。「Museo Atlantico(ミュージアム・アトランティコ)」と名付けられた海中ミュージアムは、「大西洋博物館」という意味にふさわしく、大西洋の海の底で眠る壮大な博物館となっています。


(C) Jason deCaires Taylor

製作を担当するのは、英国の彫刻家ジェイソン・デカイレス・テイラー氏。テイラー氏はメキシコのカンクンやカリブ海・グレナダなどでも海中ミュージアムを製作しており、彫刻家と20年以上のダイビングキャリアを活かし、今回も凄まじい作品たちを生み出しています。

■関連記事
【閲覧注意】話題の海底美術館は芸術的?グロテスク?不思議な感覚に
http://tabizine.jp/2013/11/08/2076/


(C) Jason deCaires Taylor

この海中ミュージアムでは、ただ作品を海底に設置するのではなく、作品と海の生物が「共存すること」を目的としています。そのため、材料は全て海の環境に優しいセメントなどで作られ、今後数百年にわたって魚たちが住みつく場所となります。


(C) Jason deCaires Taylor

また、テイラー氏が作る海中ミュージアムの特徴は、何といってもその強い「メッセージ性」です。地球で起こる様々な状況に対する彫像を作り出すことで、環境や貧困の問題などに警鐘を鳴らしているのです。


(C) Jason deCaires Taylor

次の写真は、シリアの難民危機による難破船の被害を訴えた作品です。見るものを圧倒させる雰囲気を持っており、どれも見応え十分です。


(C) Jason deCaires Taylor

こちらは、海中ミュージアムに先駆けてイギリスのテムズ川に設置された彫像。川の増水によって像は沈んでいき、温暖化による地球規模の気候変動に関して警告しています。


(C) Jason deCaires Taylor

現在、このヨーロッパ初の海中ミュージアムは製作真っ只中。2016年中にはなんと、300体もの彫刻が並べられる予定となっています。2017年には一般公開され、ダイビングやシュノーケルで観ることができます。


(C) Jason deCaires Taylor

いかがでしたでか? 海中ミュージアムは海の中で自然と共存する博物館。年を重ねる度に変化するその姿は、まさに永遠に作品が変わり続ける博物館と言えそうです。

■関連記事
【閲覧注意】話題の海底美術館は芸術的?グロテスク?不思議な感覚に
http://tabizine.jp/2013/11/08/2076/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP