体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

若年性認知症を知る!症状、チェックテスト、原因、予防まとめ

アイキャッチ

「認知症は高齢者のみに起こるもの」という印象をお持ちの方は多いのではないでしょうか。実は、若い人でも認知症は起こるのです。今回は若い人が発症する認知症、若年性認知症ついてお話いたします。

若年性認知症とは?

18歳から64歳の間で発症する認知症を総じて、若年性認知症と呼んでいます。「自分はまだ若い」という自覚や、病院で診察をうけても、うつ病や更年期障害、統合失調症に間違われるケースが多く、65歳以上になってから、若年性認知症だったという診断を下されることも少なくありません。

また、年代別で見ると、人口10万人あたり、10代(1.6人)、20代(21.4人)、30代(29.5人)、40代(83.9人)、50代(332.7人)となり、10代から発症することが分かります。

アルツハイマー型認知症と若年性アルツハイマー病の違いって?

診断を受けたときの年齢が、65歳未満なのか65歳以上なのかの違いです。症状や対応方法・注意点は同じですが、年齢が若いほど脳の萎縮が速いと言われているため、進行スピードは若年性アルツハイマー病の方が速いです。そのため、認知症より寿命が短くなってしまうと言われています。しかし、医師の早期介入や適切なケアにり、症状を改善させたり、進行を遅らせることができます。

仕事や生活に支障をきたす問題

若年性認知症と診断され、物忘れなどの症状がでることで仕事や生活に支障をきたしてしまいます。
離職や収入減により、家計圧迫
勤務先で業務遂行が困難と判断されるケースが多く、若年性認知症と診断された方の約7割は収入減となっている
介護者が主に配偶者となるため、親の介護と重なる
親の介護と重なることで、介護者の心身負担が激しく、家族介護されている方の約6割が抑うつ状態であると報告されている

介護施設に入所できる?

高齢者でも順番待ちの施設が多いため、入所は困難な状態です。あわせて、施設側が入所を積極的に受け入れていない点も挙げられます。不満や症状悪化が原因で暴れてしまった時に、若年性認知症の方自身が若いので力が強く、介護者側が抑えきれないのではと恐怖感を抱いてしまうためです。

また、入所したとしても、ご本人が高齢者と一緒に生活させるなんてと拒否されてしまうケースもあります。若年性認知症が社会に浸透していない現在、入所は難しい状況であると言え、ほとんどの方が自宅療養・自宅介護になっています。

若年性認知症の症状って?

若年性認知症の症状は認知症と大差ありませんが、自身の状態を受け入れることが困難な方が多く、常に安心感を感じてもらえるような対応が必要になります。

物忘れ

若年性認知症を発症した方の50%に見られる症状で、初期症状のひとつです。脳の萎縮により、体験したことや経験したことそのものを忘れてしまいます。
会社で会議があること自体忘れる
洗濯機をまわしながら料理を行ったところ、洗濯機をまわしていたことを忘れる

行動の変化

若年性認知症を発症した方の28%に見られる症状です。視覚で得た情報を正常に処理できなくなるため、空間を認識する力が弱くなります。
転んだり電柱にぶつかるようになる
同じところをうろうろする

性格の変化

若年性認知症を発症した方の12%に見られる症状です。自身の状態に対しての焦りや不安などから、性格に変化があらわれます。
親しい人に対して、暴言や暴力を言うようになる
人と会うことを極端に嫌う

言語障害

若年性認知症を発症した方の10%に見られる症状です。言語中枢に障害が起こることによりあらわれます。
「あれ」や「これ」など具体的な言葉が出てこなくなる
会話中、話が詰まるようになる

若年性認知症のチェックテストで現状を把握する!

「最近物忘れがひどくなったかも…」など、ちょっとでも心配になった方は、以下のチェックリストで現在の状況を見直してみてください。
No.
質問内容
チェック
1
短時間の間に同じことを繰り返し聞くようになった

2
具体的な名前が出てこず、「あれ」「これ」と言うようになった

3
趣味や日課に対して興味がなくなった

4
家の鍵など、頻繁に使うものの置き場所がわからなくなった

5
待ち合わせや約束を忘れるようになった

6
簡単な計算などでケアレスミスが多くなった

7
何回か通ったことがある道で迷子になった

8
水を出しっぱなしにしていたり、ガス栓をしめわすれることがある

9
薬を飲んだか忘れてしまう

10
過去に脳卒中になったことがあり、失語や片麻痺など後遺症がある

11
食べ物や飲み物でむせやすく、またしゃべりにくくなった

12
高血圧や糖尿病がある(以前から)

13
大股で歩けなくなり、ちょこちょこ歩きになっている

14
頻尿や尿漏れがみられる

No.1~9のチェック数

1 2 3次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。