ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食べ尽せない台湾、「非情城市」の街で読みたい本は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜14時からの番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー「KODANSHA HERE AND THERE〜for reading 」。4月28日(木)のオンエアでは台湾で読みたい本をテーマにお届けしました。

人々の優しい笑顔。何もかもが美味しい食べ物。熱帯の風景。台湾は一度訪れると、すぐにまた行きたくなる場所です。言葉が通じなくても紙に漢字でメモを書いて筆談すれば、なんとなく通じてしまいます。

2 泊3 日の台湾旅行なら、まず一日は、台北で思いっきり食べましょう。台北はグルメの街。一日五食は当たり前。朝は早起きして朝粥を食べて、午前十時過ぎには飲茶をいただきましょう。ランチタイムには台北のローカルご飯、魯肉飯(ルーローファン)。早めの晩ご飯は、地元で人気の火鍋のお店へ。アフターナインはナイトマーケット。夜市で屋台めし。

翌日は、台北駅から列車に乗って45分、瑞芳(ずいほう)駅へ。瑞芳からさらにバスで揺られること20分ほどで、山間の古い街、九份 (きゅうふん)へ着きます。19世紀に金鉱が発見され、かつては台湾で一番の鉱山街として賑わいました。

ところが、1971年、鉱山が閉山されると街は一気に衰退。そんな九份は今、世界の観光客で賑わう街になっています。台湾が産んだ世界的な映画監督で映像作家の侯孝賢(ホウ・シャオシェン)。彼がベネチア国際映画祭の大賞「金の獅子賞」を受賞したヒット作「非情城市」の映画のロケ地の一つが九份だったのです。街のハイライトは、雨の日の午後と夜。
赤い提灯が揺れる古い坂道に、ノスタルジックな街並みが続きます。

そんな九份の茶屋で ぜひ開きたい本があります。川上未映子の短篇集『愛の夢とか』。台湾は、いくら食べても食べ尽くせない街。でも、たまにはじっくりと本を読みながら胃袋も休ませたいところです。

【関連サイト】
ACOUSTIC COUNTYオフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP