ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バスタ新宿は乗り入れに厳しい基準 貸切ツアーは対象外

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新宿駅に直結した国内最大規模のバスターミナル「バスタ新宿」が誕生した。高速バスの乗降場が集約されたことで、今まで以上にバスの旅を利用しやすくなる。しかし、バス旅行というと、今年1月の乗客・乗員41人中15人が死亡した軽井沢のツアーバス事故が思い起こされ、不安もあるが…。

「『バスタ新宿』に乗り入れるには、運輸局に申請し、厳しい条件をクリアしないといけません。貸切バスを使うツアーは対象外です」(国土交通省)。

それでも心配な人は、各バス会社のホームページをチェックしてみよう。また、高速バスマーケティング研究所代表の成定竜一さんは、こう説明する。

「今は安全への取り組みをHPで紹介する会社が増えています。【1】日々の運行管理の様子、【2】運転手の健康管理、【3】車両の安全装置。この3点を公開している会社は、安全管理に自信があるといっていいでしょう」(成定さん)

 2列の個室タイプとなっている海部観光の高速路線バス「マイ・フローラ」をはじめ、車内の高級化も進んでおり、高速バスも進化している。では人気の路線は?

「昼運行のバスならセット割引の直行便が人気。特に富士急ハイランドのフリーパスつきや御殿場アウトレットの割引クーポンつき、東京ディズニーリゾート行きが人気です」(成定さん)。

 バス会社によっては会員になればさらにお得な割引もあるとのことで、活用するのもいいだろう。

※女性セブン2016年5月12・19日号

【関連記事】
女性専用高速バス 備品充実で高級感あり睡眠中イオン発生も
旅行会社 コスト削減求め「運転手2人もいらへんやろ」指示
安全な高速バス「1日400km以上の運転は2人体制」と専門家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP