ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ママも気楽に〜気楽に〜♪赤ちゃん時期から『期待しない』トイレトレーニング

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お風呂の前に裸になるといつも漏らしてた娘。

8ヶ月になったとき、『トイレに座らせたら出るかも!?』と思って、お風呂前に座らせたらおしっこが出ました!

起きてすぐも出やすいとのことなので、『起きたら連れてこ~』って、まだ赤ちゃんだし気軽な気持ちから座らせることに。

すると、出る出る!

それならば、日中も…と、出ることが増えたので、自分がトイレに行くときに一緒に座ることにしました。

「お母さんトイレに行ってくるから待っててね」

って待たせるより、

「トイレに行くから一緒に行こう♪」

って一緒に行った方がお互い安心だし、子どももマネッコ好きだし、まだ赤ちゃんで『トイレが嫌』って思っちゃわない、わけがわかってないうちからトイレに慣れることで、自然と出るように。

まだ始めて3ヶ月ですが、トイレでうんちもしてくれる日もあって楽ちんです♪

『絶対オムツ取るぞ!』って意気込みすぎると、子どもにも伝わるし『なんで出ないの~!』と、なってしまう気がします。

親の気持ちとして『まだ赤ちゃんだし出なくてもいいや~』くらいで期待しない方が、その気楽さが子どもにも伝わりリラックスできるのかもしれません。

おまるは洗ったり面倒くさいので、補助便座をトイレに付ける形です。

その方がお母さんと同じトイレに座れるしいいと思います。

気楽に、気楽に~『出たら嬉しいな~』くらいの気持ちで♪

著者:あっき~

ズボラな主婦です。子育てものんびり楽しみながらしています♪

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

オムツ外しは「押してダメなら引いてみな」!叱るだけでなく本人のペースに任せることが大事
オムツ外しは諦めが肝心。先輩ママの金言『機が熟すまで待て』は本当だった
近くにいるのに突然大きな声で「ママー!ママー!」と何度も叫ぶ娘。何かと思ったらトイレを教える声でした。

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP