ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フォロワー数400万人。リア充カップルの旅を写した、あの「Follow Me To」の舞台裏

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ロシア人フォトグラファーのMurad Osmannさんが、美しい奥さんとのステキな旅の記録をInstagramに投稿する「Follow Me To」。すでにフォロワー数400万人を突破した、超人気シリーズだ。どこかで一度は目にしているあのバックショットが、どのように撮影されているか、そのメイキングともいえる映像が公開された。

「私についてきて」は、
こうして撮影されていた!


メイキング映像は、インド旅行での撮影風景を収めたもの。まずやって来たのは、デリーの中心部。ロケバスの中で着替え、スタッフからメイクを施されていくNatalyさん。さながらモデルのロケ撮影のよう。「Follow Me To」といえば、各地に合わせたゴージャスな衣装が見どころ。どうやらこれも、スタイリストが事前に用意している様子。

ロケバスを降りると……民族衣装に着飾った異邦人に、興味津々のインドの人々。

こちらがカメラマンであり、夫のMuradさん。あれ、意外にラフな格好。着飾っているのは写真に映るNatalyさんだけ?

「今度はもう少し手を上げて」、と細かく指示を出しながら構図を決めていくMuradさん。

別の場所でも。物珍しさにどんどんと人が集まっていく。また、予定していた場所からの撮影ができない、といったこともしばしばのようで、臨機応変な対応も必要そう。現地コーディネーターらしき人物の奮闘ぶりがうかがえる。

完成写真から感じられるあの“ゆとり”は、ここまでのところ撮影風景からは見えてこない。なかなか大変そう。

それでも、カメラに収まったNatalyさんの美しい後ろ姿がInstagramにアップされると、撮影時のドタバタ感はウソのように消えてなくなる。

「Follow Me To(さあ、行こう!)」

あの“リア充”感にじみ出る旅先の写真が、こうも周到に準備され、撮影されているとは意外?それともさもありなん?いづれにしても、ふと旅情を掻き立てられ、つい彼女の左手に手を伸ばしたくなる男性も多かったりして。

ここからは、Follow Me Toの世界を存分に。Natalyさんのドレッシーな衣装にも注目しながら……Bon Voyage!
















Licensed material used with permission by Follow Me To Travel

関連記事リンク(外部サイト)

食べて・旅して・アップして。女子旅のお手本にしたい「美味しい」インスタアカウント
週給約22万円!NetflixがInstagramを使って「旅するカメラマン」を募集

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。