体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【きほんのき】スーパーで「ムダ買い」しないため、知っておきたい10のコト

【きほんのき】スーパーで「ムダ買い」しないため、知っておきたい10のコト
58499339

知っているだけでお得感が倍増し、さらには節約にもなるスーパーでのお買い物ハックを「LittleThings」ライターAngel Chang女史がアドバイス。ジョーシキとされるものも含めた10選を紹介しています。

小売側の仕掛ける誘惑やトラップに負けないで、目的のものだけを買うことができるか。節約はそこにかかっているのだ!とは、いささか言いすぎ?

01.
ショッピングカートは避ける
(余計にモノを入れないため)

embeddedIMG_grocerystorehacks_850px_12-600x600

まずはじめにコレ。「Reader’s Digest」をはじめ、多くのメディアが指摘するのは、ショッピングカートを利用することで、実際に必要以上のものを購入してしまうこと。カゴに比べてサイズの大きいカートを持ち歩けば、意識していても、ついつい余計な商品まで買ってしまう。これ、人間の心理かもしれませんよね。

「Business Insider」が取り上げた研究では、買い物客が使うショッピングカートの大きさが2倍になった場合、普段より約40%以上も多く商品を購入していました。

02.
買い物ルートを事前にイメージ
embeddedIMG_grocerystorehacks_850px_3-600x600

多くのスーパーでは、消費行動を起こしやすくする特定のパターンによってレイアウト設計がなされています。本来ならば、買うつもりのなかった商品が、上手に特設陳列棚が設けられているがゆえについつい…なんてこと、ありますよね?新商品の乳製品や、加工肉類、レジ前のちょっとしたお菓子類など、魅惑のトラップがそこかしこに。

今度、あなたがスーパーへと向かう際は、買い物リストを事前にメモ書きして、不要なものを買わないルートを辿るイメージを持っておくといいかもしれませんよ。

03.
その商品、ちょっと待った!
目の高さ=新商品・主力商品
つまり、ちょいお高め

embeddedIMG_grocerystorehacks_850px_1-600x600

先に紹介したように、効率的に買い物をする上で大切なテクニックのひとつは、配置に惑わされないこと。スーパーは、消費者に買わせたい商品ほど、目の高さに合わせる傾向にあります。少し考えてみましょう。

これらの商品は、新発売されたものなど最も人気のある主力商品である傾向アリ。ストアブランドよりも価格が高めなのは、言うまでもありません。また、子どもの目線に合わせて、お菓子やおもちゃを陳列していますよね。

同じコーナーで、どれが本当にコストパフォーマンスが良く、自分に必要な商品なのか?陳列棚を上から下まで、隈なく目を動かすことが節約の第一歩につながります。

04.
「まとめ買い」は、
必ずしも格安とは限らない

embeddedIMG_grocerystorehacks_850px_9-600x600

たとえば、価格を確かめることなくいつものクセで一度に複数の商品を購入しているとき。“そのほうが安価だろう”と考える心理が裏目に出ることもあります。必ずしも、まとめ買いが割引に繋がるとは限りません。

ちょっとでもギモンに思ったら、恥ずかしがらずにその場で計算。節約は小さなアクションの積み重ねですから!

05.
キレイなお花、焼きたてパン…
入り口付近の誘惑をガマン!

embeddedIMG_grocerystorehacks_850px_2-600x600

お店が最前列に、美しい花、美味しそうなロティサリーチキン、焼きたてのお菓子などの商品を置くのには、理由があります。

スーパーマーケットの裏事情を描いた「Reader’s Digest」によると、キレイな「お花」や焼きたての「チキン」や「パン」、こうした商品を入店すぐにカゴに入れさせることで、ちょっとした高揚感や幸福を消費者に与え、ほか商品購入へと誘導する心理を図っているのだとか。

06.
ポップ表示にだまされない!
単位当たりの価格を比較すべし

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。