ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ちょっと差がつく!備前焼のウォーターカラフェ「hiiro」がクール

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ウォーターカラフェって、どれも似たようなデザインなのが正直なところ。でもこの「hiiro(ヒイロ)」は、通常のそれとは一線を画すプロダクトです。

水がまろやかに美味しくなる

「備前水甕(みずがま)水が腐らぬ」とは古くからの言い伝えですが、「hiiro」は、一昼夜おくだけで水がまろやかに美味しくなる備前焼のウォーターカラフェ。毎日の水が備前焼の力でおいしくなる、そんな願いが込められているのだそう。


デザインはモダンな焼き色の2色展開。備前焼ではあまり見られない削り出しのシャープな形状で、シンプルな中に自然の質感を感じられる雰囲気に仕上げています。

そもそも、
「備前焼」の特徴って?


備前焼は、1,000年あまりの歴史を持つ炻器。無釉で、絵付けも施さず、窯の中の状態によって焼き物の色や表情が変化する「窯変」が魅力です。

表面の模様は、稲藁を巻きつけて発色させる特殊な技法によるもの。使い込むほどに味わいが増していくでしょう。

ベージュは現在発売中ですが、グレーは2016年5月14日発売開始予定。価格はそれぞれ、15,000円(税別)、18,000円(税別)です。

周囲とちょっと差がつく、クールなウォーターカラフェ。来客時にさらりと出せば、センスの良さを醸し出せること間違いなし。

All photo by Fumio Ando

Licensed material used with permission by DAIKURA

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP