ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

外食関係者必見!業務用キッチンのためのAirbnb型サービス「The Food Corridor」が米国で始動中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スペシャリティーフードとは、ローカルな醸造所で丁寧に醸造されたクラフトビールや、自家農園で手摘みした実を精製したオリーブオイルなど、付加価値の高い飲食料品のこと。

近年、高品質な商品を求める“本物志向”の消費者の間で人気を集め、米国のスペシャリティーフード市場は、2014年時点で1090億ドル(約12兆円)に達している(スペシャルティフード協会の調査データ)。

・業務用キッチンスペースのためのAirbnb

「The Food Corridor(フード・コリドー)」は、業務用キッチンスペースに特化した世界初のオンラインマーケットプレイスとして、米コロラド州フォート・コリンズで2015年に創設された。

飲食店や学校、公共施設、教会などにある、冷蔵冷凍庫や業務用厨房機器を備えたキッチンスペースを一時的に有償で貸し借りするための、いわば“業務用キッチンスペース版Airbnb”で、空きスペースの検索はもちろん、予約から決済までをオンラインでシームレスに実行できる。

「The Food Corridor」は、新たなフードビジネスの立ち上げに取り組む起業家や、開業を目指す飲食店、新商品の開発をすすめる中小規模の食品メーカーなど、「業務用のキッチンスペースを自前で所有せず、オンデマンドで利用したい」というユーザー層をターゲットに、現在、ベータ版で運用中。

今後は、プラットフォームの改善に努めながら、グローバル規模での展開を視野に、対象エリアを拡大していく方針だ。

・空きキッチンの有効活用で食のイノベーションを推進

量的にも質的にもほぼ充足したがゆえ、商品・サービスともに、ますますニーズが多様化する食分野。

「The Food Corridor」は、“Airbnb型モデル”を応用することで、食にまつわるイノベーションの場を創出しようとしている点が特徴といえるだろう。

The Food Corridor

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP