ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベビーカーのマナー問題。自分が使う立場になってわかること、それでも気をつけたいこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

筆者がベビーカーのマナーについて最初に認識したのは10年近く前。

まだ独身のころであった。 仕事で遅くなって乗った、22時台後半の、りんかい線。

テーマパーク帰りのご一行が、向かい合って座席に座り、通路の両方にベビーカーを止めていて幅を狭めていたのだ。

・こちらは残業でぼろぼろになって乗っている電車に、浮かれたご一行が乗っていること

・こんな遅い時間まで子どもを引っぱりまわしていること

・そもそも邪魔じゃね?

この3条件が合わさって、私は非常にいらいらしていたことを覚えている。

自分が“そっち側の人間”であったことから、はじめての子どもが生まれたあとには、子ども連れの外出において大変気を遣い、神経がすり減った思い出しかない。

「ベビーカーが邪魔だといわれるのではないか」

「そもそも子連れが電車に乗るなと怒られるのではないか」

考えすぎて少々おかしくなった私は、

「そうだ、いかついヴィジュアルになっておけば誰も文句をいわないのではないか」と、できるだけライダースジャケットなどのハードなファッションをし、

「近づいたら殺す!」

という顔をして電車に乗り込んでいた。

今考えると、完全にやりすぎな例である。

関連記事:空のベビーカー、たたむ?たたまない? 半蔵門線の事故について考えた

■「自分ごと」になってはじめて見えるベビーカーのありがたみ

子どもが身近にいない人にとっては、

「抱っこ紐で移動してるのになんでベビーカーも持っていくんだ!」

と思うだろう。

しかし、自分がその立場になって、はじめてわかることがあった。

子どもは親の思い通りに動かない。

「あるく!だっこいや!(暴れる)」→ハイハイ、そうですか、じゃあ、歩こうね

「あるくのいや!(暴れる)」 →ベビーカーに乗せる

「ねむたくない!ねないの!(暴れる)」 →抱っこ紐に入れる

「だっこいや!あるく!(暴れる)」

…このループに陥ったら、コテンと寝るまで戦わねばならない。

そして、寝た子は重い。

子どもが1歳近くなると、腰を痛めてしまう親御さんを何人も見たし、現在筆者も通院中のみである。

夫もヘルニアになった。 ベビーカーがないと、親は死んでしまうのだ……(体力的に)。

■「自分ごと」になったからこそ見える、それでもマナーが気になる例

Twitterなどで一方的にベビーカーが叩かれているのを見ると

「おいおい、やってみないとわからないような事情もあるんだよ」

とつっこみたくはなるが、それを差し置いても

「これはちょっと……」

という場に遭遇することもある。 たとえば冒頭で紹介したような、通路を完全にふさぐ位置にベビーカーを置いてしまうパターン。

グループで浮かれて盛り上がってしまうこともあろうが、誰かは冷静に判断していたい。

“ベビーカーで寝てしまった子を混んだ電車に乗せなくてはいけない”

このパターンが一番悩むところであるが、寝た子を起こしたときのぐずり、引き受けるのは最終的に親なのである。

できればそっとしておきたい。

起こしても地獄、そのまま乗車しても地獄……と、誰も幸せにならない。

結構な大きさの幼児が寝てしまった場合はさらに最悪だ。

重いから抱っこもままならない。

混んでいない時間帯を選んでも、トラブルなどでうっかり混んでしまうこともある。

これは誰が悪いということはないのだ。

「すみません!すみません!」

と言いながらがんばって乗ってしまうか、観念して別の交通機関を選択するという手も。

しかし、ベビーカーから降ろしてタクシーに乗せても同じ結果が待っているので、起きるまで待つのが一番賢明なのかもしれない。

そして、混んだ電車にも関わらず“荷物だけ積んだ空のベビーカーを広げたまま乗車してくる”というケースをたびたび見かける。

これはさすがにいただけない。

■お互いがお互いのことを知らなすぎる件

なににしてもそうだが、自分が当事者にならないとわからない世界というのがあり、お互いに相手の環境への想像力が皆無に等しい昨今である。

自分のものさしだけで計って文句をいっても、相手の尺度では正しい……ということは、たくさん存在する。

自分だって昔は子どもだったはずなのに、すっかり忘れてしまって、子ども相手に日々悪戦苦闘している。

多くの大人も同じだと思うのだ。

・子どもってこういうもの

・子どものいる家族ってこういう感じ

・子どものいない人はこういう感じ

・お年寄りの考え方

それぞれの立場で1つの事象も違って見えることはある。

「私はこう思うけど、みんながそうとは限らない」

そのことを頭の片隅においておくだけで、不要な摩擦は、防げるのではないかと思うのだがどうだろうか。

自分の中に俯瞰でみるカメラを一つ持っておく。

それだけで、ちょっとずつ変わるような気がしてならない。

著者:kikka303

年齢:39歳

子どもの年齢:5歳4ヶ月・1歳0ヶ月

1976年東京生まれ、都立北園高校出身。東京モード学園に進学するもインディーズブランドブームにのって学校を中退、以降フリーランスのデザイナーとして活動。その傍ら、複数のテレビ局にてデジタルコンテンツを担当。2010年に結婚&出産。現在は都内某所にてWEBディレクター職についている。超イクメン夫、チャラい長男、食いしん坊な次男との4人暮らし。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

楽しむカギは積極的な”就職活動”!?キッザニア東京体験記 《前編》 by たかはしみき
意外すぎる我が娘の性格…もしや?週末ランチ後の授乳室で発覚、母は困惑
「もうあんたなんか、どこかに行って!」私の言葉を聞いて本当に姿を消してしまった息子

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP