ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベストシーズンはいつ?ベルギーの気温と季節の服装情報

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo credit: Asami Yamada「【絵本の世界ブルージュへ】チョコとビールを求めてベルギー日帰り1人旅

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

ベルギーに限らず、ヨーロッパ旅行で迷うのは服装ですよね。考え出すとなかなか答えが出てきません。しかし、この記事を読んだら、ベルギーの温度に関する問題は解決します。パッキングする前に、ぜひこの記事をチェックしてください。

ベルギーの天候は?

ベルギーの天候を一言で表すなら「四季はあるけれども、日本よりも寒い」となるでしょう。夏は30度を超す日もありますが、冬になると平均気温が0.6度まで下がります。日によっては氷点下になることもあるので、冬に行く場合は覚悟が必要です。一方、湿度は日本よりも低いので夏でも快適。ただ、空気が乾燥しているので、乾燥に弱い方はなんらかの対策が必要です。

Photo credit: Yuki Ishiwatari「ブリュッセル(ベルギー)

季節と服装との関係

ここからは具体的に、季節と服装との関係を見ていきましょう。

まだまだ寒い春

ベルギーの春は3月~5月ですが、3月は日本人にとっては寒い日が続きます。日本の冬の服装をするとよいでしょう。4月後半からようやく春らしくなります。それでも、気温の変化が激しいので、薄手のカーディガンを使って体温調節するといいでしょう。朝晩は冷えるので、厚着の服も忘れずに。

快適な夏

日本と同じく6月から8月が夏に当たります。30度を超す日もありますが、空気が乾燥しているので「カラッ」としています。日本の夏と異なり、とても過ごしやすい季節です。服装は日本の夏と同じで問題ありません。ただ、朝晩は冷える日があるので、長袖の服を1枚だけ用意するといいでしょう。

雨が多い秋

ベルギーの秋と言えば「雨が多い」の一言に尽きるでしょう。傘やレインコートを必ず持っていくようにしましょう。もちろん、雨が降れば気温は下がりますから、厚手のセーターも準備するといいかもしれません。雨が多い季節ですが、アンデンヌ地方を中心に紅葉の美しい季節でもあります。

防寒具必須の冬

12月から内陸部を中心に厳しい寒さが襲いかかります。厚手のコートやズボンはもちろん、帽子や手袋、マフラーを持っていくようにしましょう。ただ、室内は暖房が効いており、かなり温かいです。室内用の服装も考えることがポイントです。

ズバリ、ベストシーズンは?

それでは、ベルギーのベストシーズンを発表しましょう。ズバリ、「4月後半から10月」です。この季節は比較的過ごしやすく、観光にはもってこいです。ただ、観光客が集まる時期なので、落ち着いて観光したい方は不向きかもしれません。冬は一般的には観光に向いていないシーズンですが、観光客が少ないので落ち着いて観光できます。「ピリッ」とした乾燥した寒さも気持ちいいものですよ。

Photo credit: D「AmsterdamとBrussels

終わりに

ベルギーをはじめとするヨーロッパは、日本の気候と大きく異なります。事前に現地の天気や気温を調べた上で、服装を考えましょう。ただ、現地では手軽に服が買えますので、過度に心配する必要はありません。風邪をひかずに素敵なベルギー旅行をお楽しみください。

ライター: Nitta Hiroshi
Photo by: D「AmsterdamとBrussels


Compathyでベルギーの旅行記・旅行情報をみる

Compathyでは、ベルギーを訪れたみんなの旅行記やおすすめの観光・グルメスポット・ホテルなどを紹介しています。

D「AmsterdamとBrussels

*Yuki Ishiwatari「ブリュッセル(ベルギー)

*Asami Yamada「【絵本の世界ブルージュへ】チョコとビールを求めてベルギー日帰り1人旅

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP