ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei、新プロセッサを搭載したエントリーモデル「Honor 5C」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huawei は 4 月 28 日、中国で新プロセッサを搭載したエントリーレベルの Android スマートフォン「Honor 5C」を発表しました。Honor 5C は、現地で 899 元(約 15,000 円)で販売される低価格な 5.2 インチスマートフォン。昨年発売された Honor 4C の後継となっており、新モデルでは、ディスプレイサイズが 5 インチから 5.2 インチに拡大して大型化。プロセッサは新開発の Kirin 650 を搭載しており、性能もアップしています。さらに、背面に指紋リーダーを搭載しました。Honor 5C の主要スペックは、5.2 インチ 1,920 × 1,080 ピクセルの液晶ディスプレイ、64bit 対応の Kirin 650 2.0GHz Cortex-A53 オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、Micro SD カードスロット、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラ、3,000mAh バッテリーを搭載しています。OS は Android 6.0(Marshmallow)で、UX バージョンは Emotion UI 4.0 です。Source : Huawei

■関連記事
GoogleフォトのAndroidアプリがv1.19にアップデート、検索機能が刷新
Samsung、Vulkan APIを利用した新しいTouchWizを開発中、従来よりも低い消費電力で動作
Xiaomi Mi 5のゴールドカラーと新色“パープル”が4月29日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP