ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日焼けしやすい部位はどこ?顔マップ美白法で色ムラを予防する方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫


紫外線の影響が気になる季節がやってきましたね。紫外線対策は万全という人でも、焼けやすい部位とそうでない部位とを意識したケアを行っているという人は少ないのではないでしょうか。そこで、今回は色ムラを予防するための顔マップ美白法についてご紹介したいと思います。

顔マップ美白法とは?

紫外線は容赦なく私たちの肌に降り注ぎますが、日焼けしやすい部位とそうでない部分とがあります。そういったことを考慮せず、すべて同じケアをしていると色ムラの原因に。

そこで、日焼けしやすい部位とそうでない部位とを考慮してケア方法を変える必要があります。それを筆者は「顔マップ美白法」と呼んでいます。詳細については下記の章で説明しましょう。

【顔マップ美白法No.1】日焼けやすい部位には日焼け止めを多く重ねる

顔の中で日焼けしやすい部位といえば、額や鼻、頬といった高い部分。そういった部位には日焼け止めを多く塗りましょう。


全顔に塗る日焼け止めの使用量は、パール2粒程度が目安となりますが、それをすべて塗り終わってからさらにパール半分程度の日焼け止めを額や鼻、頬になじませると、色ムラを防ぐ効果が期待できますよ。

【顔マップ美白法No.2】アフターサンケアも部位によって変える

紫外線対策を万全に行ったつもりでも、うっかり日焼けしてしまうことがありますよね。そんな時はアフターサンケアで挽回しましょう。方法は下記の通りです。

1. 保冷剤やよく冷やしたタオルでほてりを鎮める。

2. コットンに、ビタミンC誘導体やアルブチン、コウジ酸などの美白有効成分が配合された美容液をたっぷりと染みこませ、ラップにくるんで冷蔵庫で冷やしておく。

3. 冷やした2のコットンを額や鼻、頬に3分程度のせる。(この時コットンは割かずにのせ、乾いてきたと感じたら美容液を追加すること。)

4. セラミドなどの保湿有効成分が配合されたクリームで、しっかりと保湿する。

【顔マップ美白法No.3】テカリは徹底防止!化粧下地は使い分けがマスト

Tゾーンなどテカリやすい部位があるという人は、その部位が日焼けしやすくなるため要注意!テカリを防止する効果のある化粧下地やフェイスパウダーを部分的に使用して、テカリを防止しましょう。また、こまめに化粧直しをする、日焼け止めを塗りなおすといったことも大切です。

今年は、顔マップ美白法で色ムラのない美肌を育まれてはいかがでしょうか。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

「歩く」だけで全身運動!特別なトレーニングなしで、年齢不詳な身体をつくる
美肌は新陳代謝がカギ!ターンオーバーの仕組みとは
便秘やむくみを改善!「腸をキレイにする10の食材」
お風呂に浸かりながらできる!顔ヨガ&フェイシャルケアでリフトアップ
美肌づくりに“玄米”!その驚くべきパワーとは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP