ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

満室だらけのGWにホテル予約するテクニックを専門家が伝授

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 手軽に楽しめる国内旅行が人気だ。話題のスポットが増えていることや、格安航空や高速バスなどリーズナブルに移動する手段が増えたことも大きな要因。とはいえ、肝心のホテルが取れない状況は深刻だ。

 特に、今年のゴールデンウィークは曜日の並びが良い。平日2日間休みが取れれば、最大で10連休も可能。そんな2016年のGW、「いまさらホテル予約なんて……」と諦める前に、意外なホテル予約術をホテル評論家の瀧澤信秋氏がレクチャーする。

 * * *
 旅の目的地、観光スポットのホテルを予約するのは常識。1日ゆっくり観光を楽しみ、近くのホテルへチェックインするのは楽だ。とはいえ考えるのは皆同じ。そうしたホテルには予約が殺到。そこで、どうせ空いてないと諦める前に「宿泊だけは人気観光地を外す」テクニックを提案したい。

 例えば、世界的に知られる観光都市の京都。南北に長い京都において東西の移動は注目されにくい。様々なジャンルのホテルが林立するが競争率が高い上、地下鉄や渋滞の多い市内をバスで移動しようとすれば30分なんて平気でかかってしまう。

 一方、京都駅を起点として東へ15分も移動すれば滋賀県大津。琵琶湖畔のリッチなリゾートホテルが、京都に比べるとリーズナブルに狙える。もちろん予約も取りやすい。

 このことに気付いたのが、夏休みお盆期間の土曜日という超繁忙日の体験だった。

 京都市内のホテルはほとんど満室。空いていたとしても高級ホテルが最低5万円以上という状況。そのような中、京都駅から電車と無料シャトルバスで約25分の、琵琶湖畔「ロイヤルオークホテル スパ&ガーデンズ」という設備充実のリゾートホテルが2万円以下で予約できたのだ。

 また、公共系の宿泊施設も狙い目だ。“公共系”とは、自治体や団体が経営や運営に関与している宿泊施設のことを指す。「かんぽの宿」や「休暇村」は馴染み深い有名施設だろう。その他、限られた施設数・客室数なので具体的な施設名は伏せるが、公共施設に付設された宿泊施設は狙い目といえる。

 一方で、ガイドブックや予約サイトには掲載されず、知名度は低いものの、クオリティの高い宿泊施設が散在する。

 筆者の体験としては、先般、春休みの土曜日・大阪という最悪な条件下で、約40平方メートルのツインルームをシングルユース5000円台で予約。中心部のターミナル駅から電車で20分ほどという立地で“ホテル”ではないが、駅前の豪華な施設での実に快適な滞在だった。同日に空室がまだあると聞いて驚いたものだ。

 ターミナル駅から20分と書いたが、都心から郊外への鉄道はスピーディーなので、都心部でホテルまで右往左往するよりも、一気に郊外のホテルを狙うのもアリだ。東京でいえば、千葉のニュータウンにあるホテルなどは、都市部と比較してかなり安く、予約も取りやすい。

 予約サイトの利用法にも留意したい。「楽天トラベル」や「じゃらん」といった、多くの人々が利用する予約サイトは、提供するホテル数やプランも多いが人気も高い。あまり知られていないマイナーな予約サイトであれば、意外に空室がゲットできることがある。

 また、このところ充実ぶりに目を見張るのが「旅行比較サイト」。たとえば、「Travel.jp」では、約20の予約サイトと公式の宿泊プラン約410万件を網羅。マイナーサイトを探すのにも利用できるし、格安でお得な宿泊プランをまとめて検索、比較できるので利用価値が高い。旅行初心者のスムースな旅に資するような情報提供も秀逸だ。

 直前の予約で効くテクニックとしては、“キャンセル狙い”がある。ホテルのキャンセル料は3日前から発生するケースが多く、予定していた旅行を諦めた人々が4日前辺りからキャンセルするケースが多いので、このタイミングで予約サイトを一度チェックすることをおすすめする。

 当日のキャンセルは、チェックイン時刻の午後3時前後に多いと言われる。当日の昼過ぎくらいから予約サイトをチェックしてみよう。しかし、当日キャンセルはネットには出されないことも多いので、ホテルへ直接電話で確認してみるのもアリだ。電話で予約ができたという成功例は多い。

 ホテル経営から考えれば、満室なのに問い合わせの電話ばかりかかってくるのは非効率的とも言えるだろう。一方、利用者からすれば、料金・稼働共に安定感ある客室提供が望めないのであれば、相応の手段を講じようとするのは当然だ。

 せっかくのゴールデンウィーク。どこも空いていないと諦める前に、ちょっとしたテクニックでホテル予約ができれば楽しい休日になるかもしれない。予定していなかった思いがけない旅も楽しいものだ。

●写真提供/瀧澤信秋(ロイヤルオークホテル)

【関連記事】
公式HPに客室写真ばかりで建物外観ないホテルは要注意と識者
スカイツリー入場券付きホテル宿泊プラン 6ホテルで販売中
ホテルの予約 宿泊サイトより公式HPのほうがお得なケースも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP