ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

住友グループがこだわる創業の地 大阪・淀屋橋

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 三菱、三井、住友──日本の三大財閥の一つ・住友グループは「結束の住友」と言われる。1997年に開業した住友不動産系列のビジネスホテル「ヴィラフォンテーヌ」の名称は、フランス語で「ヴィラ」は「館」、「フォンテーヌ」は「泉」、つまり江戸初期に住友家が銅商を始めたときの屋号「泉屋」を指す。住友ブランドを受け継いでいこうとする強い意思が表われている。

 住友がその名とともに重視するのが、創業の地である大阪・淀屋橋だ。界隈には、1926年に財閥の本店として建設された「三井住友銀行大阪本店ビル」をはじめ、住友系のビルがずらりと立ち並ぶ。

「本店ビルは3年前に建て替え案が出たが、象徴として存続を望む声が多く、昨年改修工事を終えた」(前出・住友グループ関係者)

 周辺は「住友村」と呼ばれ、いまも大阪に本社を置く白水会の企業も多い。住友電気工業社長が「住友には『報恩』という言葉があるが、どこでもできるなら恩に報いるためにも大阪に残る」(『週刊ダイヤモンド』4月2日号)というほどのこだわりがあるのだ。

※週刊ポスト2016年5月6・13日号

【関連記事】
ヨン様がお忍びで堪能した10万円ワイン『オーパス・ワン』
スマートフォンに変えたい理由「仕事がデキそうに見える」
新日鐵住金は「住友」の2文字消えグループ社長会から切り捨て

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。