体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

思わず自慢したくなる写真が撮れる!子連れにおすすめな関東の観光スポット10選【テーマパーク・のりもの編】

思わず自慢したくなる写真が撮れる!子連れにおすすめな関東の観光スポット10選【テーマパーク・のりもの編】 東武ワールドスクエア

赤ちゃんにとって、旅行は未知なる体験。旅先で出会う風景やモノに一喜一憂する可愛らしい姿、その鮮やかな表情は、ぜひ記念に残したいものですよね。

成長記録も兼ねてパチリ!フォトジェニックな観光スポットで自慢したくなる素敵な一枚を撮りに行きませんか。

今回は、テーマパークや乗り物をテーマに素敵な写真が撮れる、子連れにおすすめの観光スポットを厳選。良い写真の撮り方などのワンポイントレッスンもご紹介します!参考にしてみてくださいね。

パパカメラマンが伝授!

旅先で赤ちゃんと最高の一枚を残すコツ。

フォトグラファー久保田敦

久保田敦

フォトグラファー。旅行雑誌を中心に鉄道、宿、料理、人物など幅広いジャンルの写真を撮影。二児の父で子どもの撮影はお手の物。

その1 赤ちゃん目線のローアングルで狙うべし。

赤ちゃんを上手に撮るコツは被写体と同じ目線か低い位置からが基本。表情豊かで臨場感あふれる写真になる。

その2 広角レンズや望遠レンズを駆使してプロ仕様に。

広がりのある絵が撮影できる広角や望遠レンズ。カメラに標準搭載のものでも十分!独特の雰囲気ある写真になるのでおすすめ。

その3 何だかいつも同じ写真…?構図に工夫を。

被写体を端に置いて景観を全面に、人物アップ上半身+景色…など構図をアレンジ。ワンパターンの記念写真から脱却しよう。

その4 便利アイテムを活用しよう。

スマートフォン撮影派の人におすすめなのが便利グッズ。自撮りに便利なセルカ棒やワイヤレスリモコンシャッターから挟むだけで魚眼&広角になるレンズクリップもあるので活用しよう。 〜テーマパーク〜

赤ちゃんも喜ぶ、インパクトビジュアルの宝庫。

フォトジェニックな展示物と夢いっぱいの空間に赤ちゃんも思わずにっこり♪乗り物や建物、アトラクションなど乳児に適した撮影スポットも多彩。テーマパーク独自の世界観を思い出に残そう。13_ThemePark0325_0

「広角レンズでトリック写真を狙おう」

赤ちゃんを手前に配置し思いっきり近づいて広角で撮影。遠近感が強調されて被写体が展示物と同じ大きさに!迫力満点かつ表情豊かなカットになります。

1.東武ワールドスクエア【栃木県日光市】

赤ちゃんと一緒にいざ出発!

半日でめぐる世界一周の旅へ。

現代日本ゾーン

東武ワールドスクエア 東京スカイツリーや成田国際空港など、東京を中心に現代を代表する建築物がお出迎え。 東武ワールドスクエア

アメリカゾーン

東武ワールドスクエア

高層ビルが立ち並ぶマンハッタンから自由の女神像まで。同じポーズで記念に一枚

エジプトゾーン

東武ワールドスクエア 古代ピラミッドとスフィンクスの世界へ。ラクダに乗ってエジプト気分をさらに満喫♪ 東武ワールドスクエア 身長7cmの人形目線から撮影すればより本物そっくりに

ヨーロッパゾーン

東武ワールドスクエア ロマンチックなお城やサグラダ・ファミリアなど歴史的建築物は見応え十分。 東武ワールドスクエア ロンドンの兵隊さんと一緒にパチリ。

アジアゾーン

東武ワールドスクエア
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。